1. まとめトップ

アイライナーはだんぜんペンシル!デカ目&若見えアイラインまとめ

アイライナーはリキッド!でもアイライン引くの苦手。ペンシルアイライナーってにじむ?なんてアイライン難民になっている人いませんか?そんな方に絶対おすすめしたいのがペンシルアイライナー!不器用さんでも問題なしのアイライン術&オススメアイライナーまとめました。

更新日: 2019年01月17日

5 お気に入り 10595 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アイライン苦手な人多いですよね。

longsanさん

なんか今日いつも以上に顔ボヤけてると思ったらアイライン忘れてる

アイライン引いたらだいぶ変わるよ!って友達に言われて買ったんだけどさ… 難しすぎて諦めそう… YouTubeとか見てるけど実際やると違うんだなぁ…( ̄^ ̄゜) 自分の不器用さがつらい◝(・▿・)◜

先週末人生初メイク道具揃えたのはいいんだけどアイライン引くの下手すぎて

アイライン引くのほんとに苦手すぎる誰か引き方教えて

苦手な人でも盛れるアイライン、教えましょう!

アイライン苦手な人はだんぜんペンシル!

えんぴつ型とくりだし型の2種類ある。失敗しても綿棒などで簡単にぼかしたり、なじませたり出来るので初心者さんでも使いやすい。

初心者でも使いやすいのはペンシルなんです。

アイラインを引いてる途中で、ラインがガタガタになっても、綿棒などを使って簡単にぼかしたり、なじませたりとライン調整がしやすいのがポイント。

不器用さんにはありがたく、修正もしやすいんです。

今ドキメイクの「ナチュかわ」にピッタリ

ペンシルアイライナーは、目元を自然に印象づけ、ふんわりとした優しい仕上がりになります。

ペンシルアイライナーは、発色がナチュラルなものが多いのでラインを引いた後の印象も発色が優しいことから非常にナチュラルな雰囲気になります。

抜け感のあるアイラインを作りたいけれど、キリリと見せたい。そんなときは、ソフトな質感のペンシルライナーを使いましょう。

基本のアイラインの書き方

▼アイライン、いつ書く?

ナチュラルな目元にしたい場合はハイライトカラーを塗った直後に、アイラインを強調したい場合はアイシャドウを全部塗り終わってから塗るといいですよ。

基本的にはアイシャドウを塗った後にバランスを見ながら入れていくのがいいです。

▼インラインは点でまつ毛の隙間を埋める

ラインを引くのではなく、隙間を埋める感覚で描くと良いでしょう。まつげの密集感を高める程度にとどめ、やりすぎ注意で。まぶたを軽く持ち上げ、下側から小刻みにまつげの隙間を埋めましょう。

インラインはビューラーのあとにするとやりやすいですよ!

▼まぶた上部からライン書く時は

①目の中央から目じりまでラインを描く
まずは、目の中央から目じりまでラインを引いていく。まつげの隙間を埋めるよう、少しずつ描く。

②目頭から目の中央までラインを描く
目頭から目の中央に向かってラインを引く。目の力を抜いて、キワにいれて。

③ラインをつなぐ
2つのラインを自然につなぐ。違和感がでないよう、まつ毛の隙間を埋めるように。

④綿棒でぼかして完成!
アイラインの外側を綿棒で軽くぼかし、完成。

▼アイラインを落ちにくくするには

アイラインに限らず、メイク崩れは水分&油分によって引き起こされるもの。なので、アイラインを引く前に、綿棒などで目のフチの水分や油分をしっかりオフしてから書いていくと崩れにくいです。更に、パウダー等でサラサラにさせておくのも効果がありますよ。

▼目尻はすこーしだけ長めに

目尻を長く引きすぎると不自然になってしまいます。自分の目尻から1〜2mmくらい延ばすように引くのがおすすめ。自然なアイメイクに仕上げることができアイラインを引いている感も出にくいです。

▼最後は指・綿棒・ブラシなどでぼかす!

最後に化粧ブラシでぼかすと、アイラインがふんわりとした印象になります。またぼかすことで、ラインが自然に広がり、デカ目効果を得ることができます

1 2