1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

気をつけて! 「盆栽」を狙った窃盗事件が多発している

埼玉県で、高価な盆栽が盗まれる被害が相次いでいる。さいたま市にある盆栽園の被害総額は約2000万円に上るという。世界中で盆栽が空前のブームとなっていて、販売目的で盗まれた可能性もある。

更新日: 2019年01月18日

3 お気に入り 5635 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

harunikuさん

皆さんは「盆栽」を育てたことありますか?

“日本の伝統文化”職人の知恵と技術で丁寧につくり上げられた盆栽(ぼんさい)の人工観葉植物です。幹は自然木を使用したハイクオリティな仕上がりとなっております。 #盆栽 #人工観葉植物 pic.twitter.com/oju7U1tuCH

盆栽がしてみたい…… 最近レンタル畑について調べたり華道再開したくなったり、何かと植物に触れたがる。

盆栽は世界を代表する観葉植物のひとつです

盆栽と言えば、大人の男の趣味というイメージが強い感じがします。そこで、あなたもそろそろ盆栽を始めてはいかがでしょう。盆栽をお手入れしている姿は、落ち着いた大人の雰囲気が満載です。また、盆栽は奥が深く、大人の趣味としてももってこいです

盆栽は、園芸の技術とアジアの美学を兼ね備えた、独特な方法で作られる魅力的な芸術です。中国で誕生し、日本人によって、盆栽の木として私たちが知っている現在の姿が作られました。

盆栽とは独自の美学に基づいて作られたグリーン・アートだと言ってもよいが、その美学が理解されないと誤解を受けることもある。例えば、盆栽は人間のエゴの産物だという見方だ。

盆栽—大自然を凝縮する美学:盆栽は、身近に自然を愛でるために生まれたグリーン・アート。若い愛好家が増えるなど、その価値が見直されつつある。海外でも人気のBONSAI。その美学を紹介。|ow.ly/s7VVd

しかし、とても手間暇がかかり育てるのが大変な植物として有名です

盆栽は普通のガーデニングと比べて、仕立てるのに長い時間がかかります。愛好者は自分の盆栽をより赴き深い姿にするために、天候や気温まで気を配りながら盆栽の面倒を見るのです。

「月に1度水やりをすればいい」「植え替えは不要」など手間のかからない観葉植物もあるなか、盆栽は反対に手間と暇と愛情をかけ育てていくもの。敷居が高そうだが、基本さえ押さえておけば何年でも楽しめる。

鉢が小さいので水の乾きも早く、見栄え良くコケなど貼ると水やりのタイミングが難しく、維持していくのは結構難しいです。

人生で初めて盆栽の作り方と手間暇がかかることを知り、美しいと感じた。 ドライ盆栽という新しい盆栽の生命にこころ動かされました。 阪急大坂 7F #DRY BONSAI pic.twitter.com/dVlJY3Il7s

それでも「趣味」として一部の間で流行ってます

手間がかかる奴ほど愛着が沸いてくるのと同じ心理ですね。
手間暇がかかるけどすくすくと育っていく過程(プロセス)を楽しみたいという理由でやり始める人や健康目的でやってる人もいるとのことです。

盆栽は確かに手間がかかりますが、手間がかかる子ほど可愛くなってしまうもの。一度育てはじめればきっと、どんどんその魅力に惹き込まれていきますよ。

実はおしゃれで奥深く、ながーい間続けられる趣味。日本の芸術として海外でも人気があります。

そして手先を小まめに使って創り上げていくことが脳の活性化に繋がるのも大きなメリットでしょう。

盆栽って要はミニ日本庭園だよね?そう考えると楽しい趣味なのかも

最近、高価な盆栽を狙った窃盗事件が急増してます

盆栽窃盗相次ぐ 被害数千万円にも excite.co.jp/news/article/M… >「盆栽を見やすくしていたことがあだとなり、やるせない思いだ。夜中にこっそり返すのでもいいから枯らさないでほしい」

どうしてこんなことになってるの?

1 2