1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ当たり前だけど?日本の理路整然な駐車場は中国の憧れらしい

理路整然と並べられている車。日本の駐車場は中国から見たら綺麗に整列されており憧れ?となっているようです。

更新日: 2019年01月18日

18 お気に入り 87954 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■駐車場

駐車場(ちゅうしゃじょう、英: parking lot)とは、車両(自動車や自動二輪車)[注 1]を駐車するための場所。パーキング

市街地では時間制限をしたり有料にしたりして路側を路上駐車場として利用。

1台当たりのスペースと駐車に必要な車路幅が、幅 2.5m × 長さ 5.0m 車路幅 5.0mというサイズが標準値(最低値)

■日本では当然のように理路整然と車が並んでいる

2人に1人は自動車を持っていることになり、保有率は非常に高いといえるだろう。しかし、これだけ車が多くても駐車場が整然としている

日本の駐車場はどの車も枠の中にきちんと停めているため、整然していて芸術的でさえある。

■この光景は中国人には珍しいという

「駐車に関しては、本当に日本人に学ぶべきだ。あんなに狭い空間でもちゃんと車を停められるのだから」としている。

日本の道路はとてもきれいで、モラルの高さは運転にも表れ、駐車場すら整然としていると指摘

中国メディアの捜狐は14日、日本の駐車場について紹介する記事を掲載した。「日本と比べると中国の駐車場は被災地のようだ」という。

■また、障害者用のスペースも驚きのようだ

中国では社会的弱者が生活しやすい環境が整っているとは言えないのが現状だ。歩道に点字ブロックが設置されているところもあるが、点字ブロック上に様々な障害物が置かれていたり、点字ブロック自体が壊れていたりすることもよくある。

■中国では駐車場がひどい状況となっているようだ

「ドライバー自身の技術が不十分であることから、うまく駐車できない」という状況がしばしば発生する

中国ではスペースからはみ出して駐車する車や駐車してはいけない場所に車を停める人は少なくない

中国の駐車場は「本当にめちゃくちゃ」で、中国人の「民度は低いと言わざるを得ない」と指摘

中国人談。

中国では自動車台数が急速に増加し、駐車スペースが足りないため歩道などに無理に駐車しようとして柵などを破損することが多い

初心者も多いため、駐車場に停めるのが一苦労だという。何度もやり直しても入らず、ほかの車にこすったり、駐車スペースが狭いのもあるのか、ドアを開けて隣の車にぶつかったりということも多い

自分の車を駐車することしか考えず、他の車や交通への妨げなどを考えない自分勝手な人が多い

■更に中国ではマイカーの増加により「駐車場不足」が深刻らしい

1 2