1. まとめトップ

派遣社員で働くメリット・デメリット

派遣会社で働く私が、私なりにまとめていました

更新日: 2019年01月26日

1 お気に入り 1655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

派遣会社で働く私が、私なりにまとめていました

yes-arkさん

派遣社員とは

派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を結んでいる社員で、派遣先企業で働いている人をいいます。派遣先企業は実際に仕事をする勤務先となります。

派遣社員になるメリット

★「最大のメリットは、柔軟な働き方ができる」

派遣社員の最大のメリットは、1社に拘束されず、働く場所、時間、期間から、業務内容に至るまで自分で選ぶことができます。

★自分で仕事を探すより早く仕事を見つめることができる

派遣会社に登録すると、その派遣会社がエージェントとして機能し、希望する仕事を探してくれます。求人広告やインターネットを使って職を探す、履歴書送付、面接といった通常のプロセスが簡素化されます。仕事を探す期間が短くなり、緊急避難的に収入を確保しやすいというのもあります。

★大企業で働ける・直接雇用される場合がある

大企業の多くは、正社員の採用には入念な採用プロセスと厳しい基準を設けていますが
臨時的、エントリーについては、人材派遣会社などを活用しています。
雇用形態や仕事内容にかかわらず大企業で働きたい場合は、派遣社員として希望企業で働く機会が得られる場合があります。
また、企業の中には優秀な派遣社員を正社員として採用するところもあります。
派遣社員も会社を選ぶ機会にもなります。

★職業経験とスキルの習得ができる

職業経験の浅い人は、派遣社員として働くことで経験を積むことができます。
派遣先で業務を行うことで、得たスキルは財産になります。
職務経験として活用することができます。

★教育訓練の機会がある

多くの派遣会社では、無償または、有償で教育訓練を提供しています。
派遣会社によって、おこなってるのは違いますが基本的なパソコンスキルから、専門的なものまで多様にあります。

★キャリアカウンセリングが受けれる

登録者は、希望に応じて履歴書の書き方、採用面接の模擬練習といった、トレーニングやキャリアカウセリングを受けることができます。

★能力の売り込みをしてくれる

医療研究職、ITエンジニアなど高度なスキルを要求される業務も、派遣にはあり
高度なスキルを要求する仕事は、人材不足の状態にあるため高い賃金市場になってきます。
高いスキルを持っている人は、1社に専属せず自分の能力を最大限に生かすために、派遣社員を選んで、自分のスキルをもっと高く評価してくれる企業で働きたいため、派遣会社をエージェントとして活用してる人もいます。

派遣社員で働くデメリット

雇用契約期間が定められていることが多く、雇用が不安定になりやすいです。
一般的に。交通費がでない、退職金がない、ボーナスが出ないなど待遇面でもデメリットがあります。正社員での仕事がみつからないため、派遣登録をしている人もいます。

1