1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『よつば銀行』だけじゃない!「銀行」が舞台の傑作ドラマ

2019年1月期冬ドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』と同じく、銀行が舞台の傑作ドラマ。『半沢直樹』、『紙の月』、『花咲舞が黙ってない』、『アキラとあきら』、『監査役 野崎修平』、『ハゲタカ』、『クリスマス・イヴ』。

更新日: 2019年01月30日

15 お気に入り 8837 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『監査役 野崎修平』(2018)

原作:周良貨、能田茂
脚本:前川洋一
出演:織田裕二、岸谷五朗、古谷一行、松嶋菜々子

周良貨と能田茂による人気経済漫画を織田裕二主演でドラマ化。支店長から監査役に就任した銀行員・野崎修平は、銀行内での不正を目の当たりにする。強い正義感と厚い人情を持つ野崎は、行内の抵抗勢力に戦いを挑んでいく。

織田裕二(左)とユースケ・サンタマリア(右)

監査役野崎修平をみた WOWOWのドラマはどれも面白くていつも大満足だけど、これは特に! マンガ原作とのことで、今までドラマ化されてなかったのが不思議なくらい見ごたえのある内容だった キャストも文句なしに豪華 利重剛、戸田昌宏の組み合わせとか大好物

★監査役野崎修平 2018年早々に織田さんのドラマが見れた喜び。キャストが豪華過ぎる!(菜々子さんとの再共演も嬉しかった)何より原作も予習して面白かったし、ドラマもWOWOWのリアリティーとエンタメが上手く混ぜ合わさって今年のドラマで一番面白かった

「WOWOW 連続ドラマW 監査役 野崎修平」 前にも書いたけど、これDVDとかで多くの日本人に見て欲しい。 そしたら、2年後の日本変わると思う。

◆『アキラとあきら』(2017)

原作:池井戸潤
脚本:前川洋一
出演:向井理、斎藤工、小泉孝太郎、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうか、堀部圭亮、松重豊、瀧本美織、永島敏行、上川隆也

昭和61年のメガバンク・産業中央銀行を舞台に、大企業の御曹司として次期社長という"宿命"にあらがう階堂彬(向井理)と、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な"運命"に翻弄されながらも理想を育んだ山崎瑛(斎藤工)の主人公2人の交差する人生を描いたヒューマンドラマ。

斎藤工(左)と向井理(右)

連続ドラマWは骨太な題材を多々扱ってきたと思うんだけど、 その中でも「アキラとあきら」は秀逸だと思ってる。原作をここまでわかりやすく、かつおもしろい脚本と演出に仕立てたWOWOWさん。そして安心して見ていられる主演の2人。向井理さんは本当に良い役者さんになられました。 #wowow

向井理好きな人はアキラとあきらも見て欲しい!二人の天才あきらの運命が交錯する池井戸潤原作のドラマなんだけど、ぐう聖頭脳明晰金持ちエリートイケメンという360度非の打ち所がない向井理の役柄がハマりすぎて全女性が惚れずにはいられない。イケメン&面白すぎて1日で7時間ぶっ通しで見てしまった。 pic.twitter.com/kv110cgw41

連続ドラマW『アキラとあきら』 第34回ATP賞 『ドラマ部門最優秀賞』 授賞おめでとうございます‼️ 今思い返しても 階堂彬が向井理様で良かったし 山崎瑛が斎藤工様で良かったし 山崎瑛の上司が利重剛様で 本当に良かったです❗ #WOWOW #アキラとあきら #向井理 #斎藤工 #利重剛 twitter.com/twinsNoboru_Ry…

◆『花咲舞が黙ってない』(2014、2015)

原作:池井戸潤
脚本:松田裕子 ほか
出演:杏、上川隆也、塚地武雅、成宮寛貴、甲本雅裕、榎木孝明、石橋凌、大杉漣、生瀬勝久

池井戸潤原作、杏主演による痛快オフィスストーリー。東京第一銀行入行5年目の花咲舞は人気のテラー(窓口係)。ある日、本部の臨店班に異動を命じられた彼女は、出世コースから外れたベテラン行員・相馬健とコンビを組むことに。

録画してた『花咲舞が黙ってない』を遅ればせながら観た。期待どおり面白い!杏と上川隆也のコンビが予想以上に良いっ! pic.twitter.com/WApYYPXfQW

花咲舞が黙ってないにはまって、ずっーっっとみてる。 どの瞬間も何してても杏ちゃん可愛くてすごいな。。悪役も全員アウトレイジかよ。と思うほど悪くて最高。

今Huluで花咲舞が黙ってないを一気見してます。毎回泣けて最高に面白い。毎回わかりやすい悪者が出てきて、最後にスカッとする爽快感。最高。女性主人公がブチキレていい事言うっていうのは、遊川作品のリバウンド、曲げられない女、過保護のカホコと似てる。好きな演出。名作。

◆『紙の月』(2014)

原作:角田光代
脚本:篠崎絵里子
出演:原田知世、水野真紀、西田尚美、満島真之介、ミッキー・カーチス、冨士眞奈美、光石研

直木賞作家・角田光代原作、心に空漠を抱えた女性たちの想いを描いたサスペンスドラマ。梅澤梨花はパート先の銀行から1億円を横領し逃亡していた。友人の木綿子たちは、彼女に何が起きたのかを知るため事件を追い始める。

NHKドラマの「紙の月」録画したやつみてるー。やはり角田光代に人の心の闇を書かせたら秀逸!こわいこわい〜でも観たい(≧∇≦)原田知世もすごく良い!何気にNHKのドラマって大河朝ドラ以外にも名作多いよね。キャストが抜群の安定感だし。

紙の月 映像化された中では 原田知世が出演したドラマが圧倒的に凄かったな ラストの マイネームイズリカウメザワ あの一言で 溺れる位 涙出たわ

今日の見比べ 「#紙の月」 映画とドラマでどちらも見応えあるってのはなかなか無い。 でもこれは俳優の力、原作の力がすごくて甲乙付け難い。 #映画好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/0wyVm2jlkN

◆『半沢直樹』(2013)

原作:池井戸潤
脚本:八津弘幸
出演:堺雅人、上戸彩、及川光博、香川照之

堺雅人主演、型破りのバンカー・半沢直樹の活躍を描いた大ヒットドラマ。バブル期に大手銀行に入行した“バブル入行組”の半沢が、葛藤と苦悩に満ちた戦いを繰り広げる。

(家政婦のミタ越えた) 「半沢直樹」最終回の視聴率、関東42.2%・関西45.5% s.nikkei.com/19yJpFg 関西、瞬間最高50.4! pic.twitter.com/HFJHcrUsCb

1 2