「ぼくが駆け出しの20代でライターを始めた頃に何でもセンスのいい、知識もスゴくて、チョイスするものも本人も全部カッコよく見える、みたいな年上の人たちといっぱい会う機会があって、当然ぼくも憧れたし、『このラインの人に自分もなりたいな〜』って思ってたんだけど、もう既に巨大な先人がたくさんいて。それだと自分は食っていけないな、この人たちの後追いをしてもダメだなと思ったからもっと違う方向に行って。『センス売り』みたいなのは諦めたんだけど」――センス売り!
「そもそもムリじゃん!って。この漫画は、もし自分が『センス売り』の方向に努力して行ったとしても、絶対こうなるだろうっていう発想がきっかけです。素敵!みたく思われるタイプの人になっていたら自分は絶対こういう所でつまずくし、こういう失敗をするだろうなぁという『妄想スケッチ集』みたいな。そういうブレブレになる自分をモデルにしてるから、名前も自分に思いっきり寄せたんですけど」

出典木ドラ25「デザイナー渋井直人の休日」裏話を原作者・渋谷直角さんに聞いてみた! | ガールフイナム

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【気づいたら楽しい】 ふわっとした日常【ドラマ】  #デザイナー渋井直人の休日

大人なんだけど他人に左右されないで「ふわっと生きてみたい」そんな時に観るとホッとするドラマです♥

このまとめを見る