1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

原因は現代社会の変遷にあった…若者の「同窓会離れ」が深刻になっている!?

皆さんは同窓会に参加されていますか、様々な魅力がありますがやはり久しぶりに学友と会えるというのはうれしいものなのかもしれません。しかしそんな同窓会にも「同窓会離れ」が進んでいるのはご存知でしょうか?原因は現代社会の変遷やSNS等の普及が大きく寄与しているようです。

更新日: 2019年01月23日

14 お気に入り 48466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

卒業後に定期的に行われるのが同窓会

相手の知らない一面を知ることができます。

週末のイベントのチケットが届きました。20年目の同窓会、楽しみでございます。

同窓会をしてみると仕事も環境もバラバラですし経験して来た事が全く違ったりするので凄く刺激になります。

当時の担任の先生と、飲みながら大人の目線で色々な話が出来るのも面白いところだと思いますよ。

今度あれやろうよ!とか、新しい話題や出来事を作って行けるのも魅力のひとつじゃないでしょうか。

有名人の同窓会だとさらに盛り上がるというものですよね?

なんとその同窓会に行かない人が増えている?

世代別で比較してみると、各世代ともに「参加したことがある」という声が減少傾向。特に40代では「参加したことがある」(2010年=63.5%、2017年=49.9%)という声は13.6%も急減。

さらに「参加してみたいと思わないし、今までに参加したことがない」(2010年=16.0%、2017年=25.4%)という声も9%以上も増加し、40代の「同窓会離れ」が顕著でした。

「行かない」「誘われたことがない」をあわせると73%、およそ7割の人が「同窓会に行かない」ということがわかった。

ツイッターのコメントでは「幹事してます」という意見もある中、「一回行って以来行かない事に決めた」「そもそも学生時代の事は忘れたいので…」などあまりいいイメージを持っていない人もいる。

背景はこんなところにあった!?

高い会費を払ってまでいくような場所ではない、と思っている人もいます。高いお金を出す価値がないということです。

子供の頃にテレビドラマで同窓会のシーンがいくつか目に入ったのですが、全てお金持ちとかが自慢話ばかりしている場面ばかりでしたね。
この時点で、同窓会にいいイメージはありません。

同窓会に行かない理由を調べていて、一番多かった意見が面倒だからという理由でした。

昨今は面倒ごとが増えているということです。

フェイスブックやLINEなど、SNSはここ数年でさらに発展をし、コミュニケーションツールとして私たちの生活に深く浸透してきました。

SNSの発展に伴い、学生時代の友人とのコミュニケーションや同窓会などの開催にも大きく影響を与えているのではないでしょうか。

同級生の中にも稀に話が合うことはあります。
そのような場合は、既に連絡を取り合っており、お互いの近況報告をしています。だから、わざわざ同窓会に出る必要もないということですね。

様々な意見がここに

1 2