機関車趣味に偏る傾向あり

アメリカでは20世紀前半に鉄道が衰退した歴史があり、日本人にとっては時代遅れにも感じる機関車が今も主流。したがってノスタルジー趣味の面もあり、最新の電車に関する詳細な情報などに興味はあまり持たれない。雑誌の記事にもこうした嗜好の違いははっきり表れる

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカの鉄道雑誌ってどんなのがあるの?

個人主義が徹底していて多趣味の国のアメリカでは、当然鉄道ファンも一定数存在するので、業界誌としてではないホビー目的の鉄道雑誌市場が存在する。その特徴をざっとまとめた

このまとめを見る