雑誌不況の影響で廃刊も

雑誌大国のアメリカと言えども、インターネット時代には逆らえず、廃刊になる雑誌は多い。鉄道趣味も同じこと。日本も変わらないことだが、長年親しまれた雑誌が失われることが21世紀になってから増えている

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカの鉄道雑誌ってどんなのがあるの?

個人主義が徹底していて多趣味の国のアメリカでは、当然鉄道ファンも一定数存在するので、業界誌としてではないホビー目的の鉄道雑誌市場が存在する。その特徴をざっとまとめた

このまとめを見る