1. まとめトップ

Alain Delonアラン・ドロンとアラン・ドロンの美しき子供たち

アラン・ドロンの子供。歌手ニコとの息子クリスティアン/クリスチャン。ナタリー・ドロンが母親のAnthony Delonアントワーヌ(アントニー/アンソニー )。モデルナタリー・ヴァン・ブレーメンの息子アラン ファビアンと娘アヌーシュカ。「太陽がいっぱい」「さらば友よ」デヴィ夫人・今現在・引退

更新日: 2019年06月11日

1 お気に入り 14106 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アラン・ドロンとアラン・ドロンの子供たち:アントワーヌ/アントニー/アンソニー・アヌーシュカ・ファビアン・クリスティアン

花が好きさん

Alain Delonアラン・ドロン氏が引退

“アラン、君は役を知っている。でも演技するな。役を生きろ”と言われたんだ。それが俳優としてやっていくことのすべてに適応する姿勢となった。俳優としての一生の姿勢になったんだ。イヴ・アレグレ監督がくれた最初の言葉だよ。すべて彼らのおかげだ」 msn.com/ja-jp/entertai…

「演技するな。役を生きろ」たった2分間のアドバイス。心に来た。

「君は役を知っている。でも演技するな。役を生きろ。」 なんて素敵な言葉。

Alain Delonアラン・ドロン氏が名誉パルムドール!

Alain Delonアラン・ドロン

アラン・ドロン(Alain Delon, 1935年11月8日 - )はフランスの映画俳優

デヴィ夫人、あの名優アラン・ドロンとのうたかたの恋もあった。

アラン・ドロン ♡ デヴィ夫人

アラン・ドロン美しい デヴィ夫人が彼と恋人関係にあったことには驚いた pic.twitter.com/c8AfZqUuwS

https://ja.wikipedia.org/wiki/アラン・ドロン
1935年11月8日パリ郊外のオー=ド=セーヌ県ソーで生まれる。
父は小さな映画館を経営、母は後に結婚するナタリーと雰囲気の似た美人で、薬剤師の資格を持っていた。
4歳で両親が離婚し母方に預けられるも、再婚したシャルキュトリ(フランス語版)(ハムやソーセージなど豚肉加工品専門の食品店)の義父と合わなかったこと、そして母親が新たに生れた娘(エディット)だけを可愛がったためにアランはのけ者とされる。
さらに追い討ちをかけるように実父も再婚、息子ジャン=フランソワ(後にアランの映画の製作に参加)が生まれていた。
それら家庭不和による愛情不足のため、女生徒とたびたび問題を起こして寄宿学校を転々とし、最終的には感化院に入れられ、一時的に鉄格子生活を経験するはめにもなった。
その後14歳より前述の食品店で働き始めた。
自分の居場所を求めていたアランは苦肉の策としてフランス海軍へ志願。未成年者は保護者の承諾が必要だったが、母は義父の言うがままに承諾した。
この一件で、母への憎しみが根深く残ることになり、次第に女性不信という形で表れていった。
こうして17歳で入隊し、マルセイユより貨物船に乗せられ、カービン銃の扱いだけを教わって第一次インドシナ戦争へ従軍することになった。
1955年、休戦協定によって20歳で無事除隊後はアメリカとメキシコを放浪、1956年に帰国後はパリのモンマルトルなど方々を転々とし、サン=ジェルマン=デ=プレに落ち着いた。
また、戦場を経験しているためか、映画の中での殺しのシーンなどがリアルで迫力ある名場面が多く、またドロンと同時期のアメリカ映画のスターでありドロンと同じく戦場の経験があるスティーブ・マックイーンと共に銃の扱いの芝居の上手さが語られている。

アラン・ドロン「太陽がいっぱい」

『太陽がいっぱい』、アラン・ドロン、野沢那智の吹替えは最強の組み合わせだ。全てが今でも色褪せていない。 #アランドロン pic.twitter.com/04m9eSxQQF

ニーノ・ロータの曲

https://ja.wikipedia.org/wiki/アラン・ドロン
1957年の夏、女優のブリジット・オーベール(英語版)から「カンヌで映画祭が開催されるから、ぶらぶらしてみたら? あなたほどの美貌なら、監督の誰かから声が掛かるかもしれないわよ?」と言われた。
それがきっかけで、帰国後パリで知り合ったジャン=クロード・ブリアリと2人で、暑かったので上半身裸のままカンヌを歩いてみると、過去にロック・ハドソンを発掘したハリウッドの一流エージェント、ヘンリー・ウィルスンに「君はいい体をしている…」とスカウトされた。
その3日後にローマのチネチッタ撮影所にて、映画『武器よさらば』撮影中のデヴィッド・O・セルズニックのスクリーンテスト(英語版)を受け合格し、アメリカ合衆国での成功に太鼓判を押され、英語の習得を条件に7年間の契約を持ちかけられる。
しかし「私はフランス人なので、まずはフランスで勝負をしたい」と保留、女優エステラ・ブランの紹介で、イヴ・アレグレ監督の『女が事件にからむ時』(共演:ジャン=ポール・ベルモンド)でデビューした。
1959年、『恋ひとすじに』で共演した西ドイツの若手スター、ロミー・シュナイダーと同棲し婚約するも、1963年に破棄。
1960年、ルネ・クレマン監督『太陽がいっぱい』に主演。
ニーノ・ロータの曲と共に大ヒットし、世界的にその名を知られる。

「太陽がいっぱい」「ショック治療」「パリの灯は遠く」「フリックストーリー」「太陽はひとりぼっち」「さらば友よ」

きたぜぇーい角川発売でアランドロン祭りの最高タイトル5作!ルネとアランの代表的な映画「太陽がいっぱい」と異色映画「ショック治療」ジャックドレー作の「パリの灯は遠く」「フリックストーリー」とアントニオーニの「太陽はひとりぼっち」のBDが届いた超絶最高!さらば友よは発売日が遅れてる…。 pic.twitter.com/hxowocZitD

『シシリアン』『ボルサリーノ』『地下室のメロディ』『レッドサン』『友よ静かに死ね』『ショック療法』『ル・ジタン』『アラン・ドロンのゾロ』・・・

https://ja.wikipedia.org/wiki/アラン・ドロン
その後もクレマン監督作品など、数多くのフランス映画・イタリア映画・アメリカ映画に出演し、自身が出演する作品のプロデュースも手がけるなどして活躍。
ルキノ・ヴィスコンティ監督の『若者のすべて』にも出演している。
その後も『シシリアン』『冒険者たち』『さらば友よ』『暗黒街の二人』『ボルサリーノ』『栗色のマッドレー』『地下室のメロディ』『レッドサン』『友よ静かに死ね』『ショック療法』『ル・ジタン』『アラン・ドロンのゾロ』ほか多数の映画作品に出演した。
他には、ドロンがソ連の革命家・トロツキーを殺害する殺し屋を演じた『暗殺者のメロディ』などの作品もある。ジョゼ・ジョバンニ監督との名コンビは、よく知られている。音楽活動では1973年に、ダリダとアラン・ドロン『甘い囁き』がヒットした。

「さらば友よ」アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン

さらば友よ アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、フランスの伝説級俳優W主演の熱苦しい映画。シュワルツェネッガーとスタローン、パチーノとデニーロが揃う感じ。 とにかくこの2人を同じ画面で拝めるだけで元は取れる。ブロンソンのコインをコーヒーに沈めるシーンが印象的 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/dgArWhqmNd

久々に観られる! 「禁じられた遊び」に出ていた女の子が「さらば友よ」でアランドロンと共演しているってなんだか不思議 pic.twitter.com/7t3OF8NuPr

ロミー・シュナイダーとアラン・ドロン 美男美女大スターカップル

ロミー・シュナイダーと破局

https://ja.wikipedia.org/wiki/アラン・ドロン
ロミー・シュナイダーと破局した後には、1963年、ナタリー・バルテルミー(のちナタリー・ドロン)と出会う。
ナタリー(本名はフランシス・カサノヴァ)はモロッコのカサブランカ出身で、育った境遇が似ていたことや、人生経験豊かなところに惹かれ、親しくなった。
1964年にナタリーと結婚、息子アントワーヌ(後にアントニー・ドロンの名でデビュー)が生まれる。
この年には3人でアメリカ合衆国のビバリーヒルズに滞在。
いくつかの映画に出演したり、アカデミー賞のプレゼンターにも立った。ナタリー・ドロンは後に映画『個人教授』に出演した。
1966年フランスへ帰国。映画『サムライ』に出演したことにより、女優を続けたいと願うナタリーと対立し、やがて離婚。

1 2 3