1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アメリカでは皆既月食も…みんなの心を満たした『スーパームーン』

2019年1月21日に日本で見られた #スーパームーン 。アメリカでは #スーパーブラッドウルフムーン (Super blood wolf moon)が見られるなど世界各地で満月の天体イベントが盛り上がりました。

更新日: 2019年01月21日

15 お気に入り 20542 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

宇宙の神秘に触れた夜。星もキレイでした。

nyokikeさん

▼いつもより大きい満月・スーパームーンが各地で見られました

きれいな満月が東の夜空に浮かんでいます。東京からも見えました。(恵)#満月  #スーパームーン pic.twitter.com/IX6ii3Qxri

今夜(21日)は2019年最初の満月です。「スーパームーン」ともいわれています。「スーパームーン」とは、天文学の正式な用語ではなく、定義もはっきりしていません。主に地球と月との距離がとても近く、普段より月が大きく見える時に使われるようです。

NASAのサイトでも、地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はしていませんが、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の満月をスーパームーンとしているようです。

なお、今年最も大きい満月は2月20日です。国立天文台によると、最も大きな満月は最も小さな満月に比べて14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えるとのことです。

▼有名人や企業の公式アカウントたちも夜空の景色を堪能しました

今日の満月の出。今年最初の満月は“豊洲に浮かぶスーパームーン”で。 pic.twitter.com/kyQxrOsVE7

スーパームーン!! ぜひ夜空を見上げてみてください.いつもより大きくて明るい満月が力強く輝いています今宵も月が綺麗です. pic.twitter.com/48GgqUIqCT

今夜はスーパームーン。 夜空を見上げて、大好きな物語を思い出す。 pic.twitter.com/3HVFXz5Oi9

宇部の空にも、スーパームーンが姿を現しました。東の空で、幻想的な白い光を放っています。オオカミの遠吠えがひときわ大きく聞こえる季節であることから、1月の満月は英語でウルフ・ムーンとも呼ばれるそうです(^O^) pic.twitter.com/qqDleknDeR

スーパームーン でかい月でよかった。TTJ - HND NH298 JA620A 33,650 ft pic.twitter.com/7XdFZ3iSpw

月めっちゃ綺麗だなと思ったら今日スーパームーンか。

スーパームーンめっちゃキレイだったー パワーもらった‼️

▼アメリカでは赤銅色の「スーパーブラッドウルフムーン」の皆既月食が見られました

Sunday night's lunar eclipse will be Chicago's first in more than 3 years. But this is not just any eclipse. It's a "Super Blood Wolf Moon": trib.al/6vuufeA pic.twitter.com/2dSQpAj7T1

米大陸および欧州の一部で20日夜、「スーパー・ブラッド・ウルフムーン(Super Blood Wolf Moon)」と呼ばれる皆既月食が観測された。

・世界中で目撃されたスーパー・ブラッド・ウルフ・ムーンとは?

皆既月食は、太陽と地球、月が一直線となった時、月が地球の影に完全隠れる現象。

スーパームーン(Supermoon)とは、地球、月、太陽が一直線になり、楕円軌道で回っている月が、地球と最接近した時に見える満月または新月の通称。アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、通常の満月に比べて、14%大きく、30%ほど明るく見える。

ブラッドムーン(Bloodmoon)とは、月食中の月は、やや赤みがかって見えることからブラッドムーンと呼ばれる。

1 2