出典 blackcat_katさんがアップロード

小田急SE車

小田急3000形電車(おだきゅう3000がたでんしゃ)は、1957年から1992年まで小田急電鉄において運用された特急用車両(ロマンスカー)である。

新宿と小田原を60分で結ぶことを目指した「画期的な軽量高性能新特急車」として計画され、 開発に際して日本国有鉄道(国鉄)の鉄道技術研究所より技術協力が得られたことから、日本の鉄道車両において初の導入となる新技術がいくつか盛り込まれた車両である

この情報が含まれているまとめはこちら

新性能電車の幕開け第3話 小田急SE車による高速試験

国鉄は、小田急のSE車を借り入れて、高速度試験を行うことになりました。この借り入れには、国鉄部内でも賛否両論があったそうですが、最終的に十河総裁の決断で決定したと言われています。

このまとめを見る