SE車の設計にあっては、鉄道技術研究所(現在のJR総研)の助言が得られ、昭和29年10月から昭和30年1月までの間に8回の研究会を経て基本設計概要がまとめられたといいます。
なお、基本設計は以下の通り各メーカーが分担して行われたといいます。
日本車両・川崎車両      車体
近畿車両           台車・ディスク制動装置
東洋電機           主電動機・駆動装置・集電装置
東芝電気           制御装置
三菱電機           空気制動機・ファンデリヤ

出典交通技術、昭和32年4月号

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新性能電車の幕開け第3話 小田急SE車による高速試験

国鉄は、小田急のSE車を借り入れて、高速度試験を行うことになりました。この借り入れには、国鉄部内でも賛否両論があったそうですが、最終的に十河総裁の決断で決定したと言われています。

このまとめを見る