出典 blackcat_katさんがアップロード

国鉄車両及び小田急SE車の比較

交通技術 昭和32年4月号参照
諸元
本車両は8両編成の逮節式で車長108,!00mm、自重147t、定員354名、電動機出力100KW×12、常用最高速度125km/h、平坦線平衡速度145km/h及び最高平均減速度4.J5km/hl sec (初速125km/h)

この情報が含まれているまとめはこちら

新性能電車の幕開け第3話 小田急SE車による高速試験

国鉄は、小田急のSE車を借り入れて、高速度試験を行うことになりました。この借り入れには、国鉄部内でも賛否両論があったそうですが、最終的に十河総裁の決断で決定したと言われています。

このまとめを見る