累計1200万部以上の売り上げを誇る『人間失格』は、太宰が死の直前に発表した遺作。本作ではその誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実を基にしたフィクションとして初めて映画化。

出典小栗旬が太宰治を演じる、蜷川実花監督『人間失格』製作決定 /2018年12月3日 - 映 画 - ニュース - クランクイン!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

太宰治だけじゃない!「文豪」を描いた日本映画

「文豪」と呼ばれる大作家(小説家)の中には、その作品が原作なだけでなく、本人が主人公という映画も少なくない。太宰治『人間失格』、永井荷風『濹東綺譚』、内田百閒『まあだだよ』、『宮澤賢治 その愛』、『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』。

このまとめを見る