1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

森川智之氏の月収告白に衝撃の声が…声優って薄給ではなかったのか!?

森川智之氏といえば、声優でもトップクラスの人気声優でおなじみです。そんな彼の収入が公開されて、なんと最高時は月収900万円ということが分かり話題になっています。声優といえば、薄給で有名ですが、どのような方法で稼いでいるのかを知りたいものですよね。

更新日: 2019年01月22日

4 お気に入り 15563 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

人気声優の森川智之氏

1990年代~2000年代のBLCD隆盛期を積極的に牽引し続けたことから「BLの帝王」の異名を持つ。

アニメ・ゲーム作品では主にクールな二枚目を担当することが多いが、その他にも幅広い芸風を持ち、様々な役をこなす。

強い音圧のある声量を誇り、主役デビューとなる『宇宙の騎士テッカマンブレード』のアフレコ中にマイクを2本破壊した程。

パパ役や、かっこいい悪役など芸風も様々です。

声優の森川智之さんが
クレヨンしんちゃん・ひろし役の代役を
務めることで話題になっています。

正式に交代となりました。

また、洋画の吹き替えでは
あのユアンマクレガーをほぼ専属で務めていて、
トムクルーズやキアヌリーブスの吹き替えもしています。

正直森川智之は出演作品が多すぎて
どれを代表作とするか困るレベルです。

彼の月収告白が話題になっている

トム・クルーズの吹き替えなどを務める人気声優・森川智之が、17日深夜に放送されたテレビ東京のバラエティー番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」で最高月収を明かし、話題になっている。

また、アニメと吹替えの仕事のギャラは、キャリアや知名度を踏まえたランクによって決まっていて、セリフの量は関係なくそのランクによって支払われると説明。

ラジオやナレーションの仕事もこなす森川はMAX月収を聞かれると、「30代前半くらいの時に月900(万円)近く」と告白。

「これ(波)がすごいですから、全然ない時には20、30万円という時もある」と語った。

それ以降、森川は米映画「ラストサムライ」(2003年、エドワード・ズウィック監督)など15作品で、トム・クルーズ公認の日本語吹き替えを任されている。

声優は薄給といわれていたのだが…

永井一郎氏が年収を公開して話題になっていました。

その永井さんと言えば、業界の重鎮として声優の地位向上に取り組み、自身の年収を164万円だと公表し世間をアッと言わせた過去を持つ。

ちなみに、国税庁の統計によれば、1989年(昭和60年)の給与所得者の平均給与は351万7000円(平均年齢40.6歳、勤続年数10.9年)。前年からの伸び率は3.4%という水準で現在からは考えられないほど日本の経済情勢は良かった時だ。

それでも年収は164万円だったのだ。国民的な有名人である永井さんの年収は、一般的な40歳サラリーマンの半分にも満たなかったのだ。

ではなぜ森川氏はそれだけもらっていたのだろうか?

CDの売り上げや、ゲームやナレーターの収入があるから本来の仕事に上乗せされます。何より森川氏は会社の社長でもあります。

森川智之は2011年にはデビューから
ずっと所属していたアーツビジョンを退所し
アクセルワンを福山潤と共に設立。
代表取締役社長となっています。

つまり+社長業の収入ということでしょうか?

様々な声が

月収ね QT @Replay999: 森川智之クラスで900万の方がヤバないか?悪い意味で

声優・森川智之のMAX月収に共演者驚き「すごい!」 | ニコニコニュース news.nicovideo.jp/watch/nw4681969 全然ない時でも20、30万か… このお方がコンマ2つつく時あったってことは 花澤さんいくら貰ってるんだ…

1 2