1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怖すぎる…大流行中のインフルエンザで死亡のニュースが相次ぐ

日本中で大流行となっているインフルエンザですが、感染による死亡のニュースが相次いで入ってきています。

更新日: 2019年01月23日

27 お気に入り 202965 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■インフルエンザ

インフルエンザ(influenza)は、インフルエンザウイルスを病原とする気道感染症である

高熱や筋肉痛、嘔吐など全身症状を発症し、場合によっては肺炎などを引き起こし、重症化したり死亡することもある病気

■そのインフルエンザが全国的に流行している

国立感染症研究所は1月18日、インフルエンザの流行が拡大し、ついに全国で「警報レベル」を超えたと発表

1月から2月にかけて流行のピークを迎えることから、今後も患者数は増える懸念がある。

■インフル関連ツイートも激増中だ

インフルなう 辛いよー辛いけど 敬ちゃんにもらったインフルだと思う事にした! 敬ちゃんお稽古頑張れ

インフルAなった(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑) 熱下がらんしキツすぎ辛い〜っ!!!

やばい…頭痛で今日休んだんだけど一向に治らない…5時間寝ても治らないのは普通にインフル疑惑…

■そんなインフルだが、死亡のニュースが…小学生がインフルエンザ脳症で

インフルエンザに感染した北信地方の小学生1人が今冬、死亡していたことが21日、県教委や地元自治体教委の関係者への取材で分かった

北信地方の男子児童がインフルエンザに感染し、その後死亡していたことが関係者への取材でわかりました。死亡したのは北信地方の小学校に通っていた4年生の男子児童

ことしに入って、県内でインフルエンザ脳症になった人は3人で、平成23年以来の高い水準となっています。

長野県のニュースです。

■インフルエンザ脳症とは?

インフルエンザ脳症に関しては、日本からの報告が多く、また、小児例が報告の中心である

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザに伴って発症する、意識障害を主な症状とする病気です。インフルエンザを発症した後に、意識や言葉、行動などに異変が生じ、ときに生命に関わることも

インフルエンザ感染をきっかけとして、脳全体が腫れる(脳浮腫)ことにより意識障害、頭蓋内圧亢進症状、しばしばけいれんを伴う神経症状

■次は老人ホームにて7人が死亡するというニュース

職員1人が最初にインフルエンザを発症。21日までに、入所者と職員計193人中74人が発症し、11日以降に2階の入所者7人が死亡

1 2