上記の条件に当てはまらないケースの場合、予防投与は受けられないのでしょうか。この場合は、薬剤の添付文書に記載されていない使い方(適応外処方)となるため、万一、重い副作用が起こっても「医薬品副作用被害救済制度」の対象とはならず、補償が受けられない

出典インフルエンザ薬の予防投与|愛知県稲沢市の消化器内科、糖尿病内科、内科ならおおこうち内科クリニック

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

老人ホーム集団感染で注目を浴びた「インフルエンザ予防薬」とは

兵庫県の養護老人ホームでインフルエンザの集団感染があり、7人が死亡というニュースで「インフルエンザ予防薬」が注目を集めてます。

このまとめを見る