1. まとめトップ

ダイエットを成功させるために!「やせにくい体質」から「やせ体質」へ!

ダイエットが成功しないのは体質に問題あり!

更新日: 2019年02月24日

6 お気に入り 13655 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pierce007さん

目次

・痩せにくい体質とは?
・基礎代謝をアップさせる!
・冷えを防ぎ体温を上げる!
・痩せにくい体質から痩せやすい体質へ

▼痩せにくい体質とは?

ダイエットをしても、思うように体重が減らずに、途中で諦めてしまう人いませんか?
実はダイエットをする人の9割は成功しないと言われています。
失敗するのはダイエットが大変という事の他に、その人がそもそも痩せにくいからという理由もあります。
すぐに痩せる人と、運動や食事制限をしてもなかなか痩せない人がいますが、その違いはずばり「体質」です。

必死でダイエットを頑張っているのに結果が出ないでいると、鏡の中の自分を見るのも嫌になったり、おしゃれを楽しむ気にもならなかったり、マイナス思考になってしまうことがありませんか? そもそも、同じようなダイエットをしても結果がでる人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか。痩せにくい体質には原因というものがあって、それを改善することがダイエットを成功させる第一歩となるはずです。

▼基礎代謝をアップさせる!

痩せにくい体質とは、基礎代謝が低いカラダに他なりません。

基礎代謝とは、何もしていない状態、平常時のエネルギーの消費カロリーを示すものです。

この基礎代謝は、高ければ高いほど良く、エネルギー消費量の多いカラダになります。いわゆる「代謝がいい」ということです。

この基礎代謝は、食事制限をすれば上がり、痩せるというものではありません。

本当に痩せたいのであれば、基礎代謝量を増やす「無酸素運動」こそが大切なんです。

▼冷えを防ぎ体温を上げる

冷える理由は、大きく分けると3つあります。まず、体内で熱が作れない場合です。基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。体の部位ごとに基礎代謝を分けると、筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%。つまり筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少ないのです。
男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。ちなみに体重に対する筋肉量は、男性が約40%なのに対して女性は約36%といわれています。だから間違ったダイエットで、さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまう可能性があるのです。

冷えの原因は、毎日の飲み物や食事に潜んでいます。冷えたペットボトルの飲料をそのまま飲むだけでなく、氷を入れたグラスに注いでから飲んでいませんか。また、冷蔵庫から出した物ばかり食べていて、温かい物をあまり食べていないのではありませんか。体温以上の物を飲んだり食べたりすることが、冷えを防ぐことにつながります。また、体を温める食材 (後述) を選ぶこともポイントです。

特に女性に多くみられる「冷え性」。適切に対処せずに、我慢していると、さまざまな症状や病気を引き起こすことがある。衣食住を中心に生活習慣を改善すれば、冷え性を予防できる。

▼痩せにくい体質から痩せやすい体質へ

近年、様々なダイエット方法が溢れています。

そして、いくつも試してはきたけれど、どれも成功できずに挫折している女性も溢れています。

その中には、ダイエットがうまくいかないのは、痩せにくい体質が原因で、これは遺伝的なものだから仕方ない・・・と、あきらめている女性がいます。

実際、痩せにくい体質というものは存在するので、確かにそういった側面もありますが、当然のことながら、そんな体質は改善できます。

せっかく痩せたのにすぐ体重が戻ってしまった、ダイエットを始めてしばらく経つのに成果が中々でない…。そんな「太りやすく痩せにくい」方に試して頂きたいのが、

1 「食べグセ」の見直し

2 リフレクソロジー

この2つです。どちらも無理なく続けられる、基礎代謝を高めて、痩せやすく太りにくい体を作るテクニックです。

体質を変えるには、半年くらいでやっと「ちょっと変わってきたかな」という感覚があり、本当に体質が変わるまでには1~2年くらいかかります。

食べ物が体をつくり、習慣が体質をつくります。だから太りやすい体質になるのも1~2年くらいかかったはずなのです。それを改善するのですから、同じくらいの期間がかかることは何となく想像できますよね。

1