1. まとめトップ

若者のキャバクラ離れが進んでいる!?背景はバブル後の生活様式の変遷にあった…

キャバクラといえば、気楽に女の子を離す場所として人気の場所です。しかし最近ではそのキャバクラ離れが煤でいるということで話題になっています。背景は趣味の多様化や、生活様式の変遷が大きくかかわっているようで、今後の動向が気になります。

更新日: 2019年01月24日

3 お気に入り 11205 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大人の憩いの場、それがキャバクラ

つまりキャバクラとは、礼儀正しいキャストと呼ばれるキャバ嬢を相手にしてお酒をたしなみ、会話をする場なのです。

明るく振る舞うキャストを相手に自分の話をし、キャストの話も聞きますし、特にキャストはお客さんの話を聞いてくれます。

キャバクラとは男性客が女性のキャストを相手にお酒を飲み、楽しく会話をして、たまにはカラオケで歌ってリラックスしてくつろいだ気分になるための場所なのです。

キャバクラで働く女性の方が魅力的で、男性の心をひきつけるものがある。

キャバクラでは疑似恋愛を楽しむ事ができます。男性というのは認められたい願望が強い方が多いのですが、キャバ嬢はそれを上手く理解してくれていて、本当の恋愛のような面倒くささはなく、恋愛の甘い部分だけを楽しむ事ができるのです。

しかし若者のキャバクラ離れが加速しているそうだ…

最近の若い人たちはキャバクラに行く事に抵抗を強く持っているのはネットを見ていれば明らかです。

ここ3年くらいの客の減り方が「異常」だそうで、「景気自体は変わってないのに、客が減るってことはこの業界が飽きられてるってことだと思う」と述べる。

「女子高生のなりたい職業ランキング」にキャバクラがランクインされたのはいつの頃だろう。最近ではランクからも外れ、その理由を「将来性がない」と現実的に考える若者達が増えたからなのでは、と言われている。

キャバ嬢も離れる傾向にあるようです。

背景は生活様式の変化にあった

男性客がコスパの悪いキャバクラを離れてそちらに流れるのも無理はないのかもしれません。

趣味や生活が多様化してきて、昔より離れているとみられるんだろうねぇ。

若い人からするとキャバクラという場所は
金払って人に気を遣わせて酒まで飲ませなきゃいけないというのが地獄過ぎる
という印象も強いようで、単純にサービスとして楽しくないという意見が多数寄せられています。

たしかにバブルの時代にはそのような行動が許されていたとしても、今はコンプライアンスやパワハラ予防、経費削減などで難しいだろう。

キャバクラに不慣れな結果、「お金を払ったにも関わらず、変に気を遣って、損した気分のまま終わってしまう」ことになる若者が多いのではという意見も。

キャバクラの領収書を落とせる会社も今時少なくなっているでしょうし。
若い人は仲間内で飲むほうが楽しいでしょうし。難しい気がしますです

様々な声が…

一緒にキャバクラとかスナック行く人いないから最近行ってないなw

若者のキャバクラ離れの深刻化?若者がキャバクラ行かないと何か問題あるん?

1 2