1. まとめトップ

野口五郎から遠藤憲一まで!冬ドラマは「おっさん俳優」が大活躍な件

2019年1月期冬ドラマには「おじさん俳優」たちが活躍する作品が多数。野口五郎ほか『メゾン・ド・ポリス』、沢村一樹『刑事ゼロ』、遠藤憲一『私のおじさん~WATAOJI~』、光石研『デザイナー 渋井直人の休日』ほか。

更新日: 2019年03月14日

1 お気に入り 1928 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『メゾン・ド・ポリス』(金曜夜10時、TBS)

若手刑事・牧野ひより(高畑充希)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく1話完結の刑事ドラマ。

共演には、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣が名を連ねている。

演出は「キサラギ」「ストロベリーナイト」などの佐藤祐市監督が手がけ、脚本は「ストロベリーナイト」「キングダム」などの黒岩勉が執筆している。

・強烈なキャラのおっさん俳優たちと高畑・西島との絡みが絶妙

左から小日向文世、近藤正臣、西島秀俊

『メゾン・ド・ポリス』(毎週金曜22:00~)の第2話が18日に放送され、平均視聴率が12.4%だったことが21日、わかった。初回の12.7%から0.3ポイント下がったものの、好調をキープしている。

5人のおっさんの存在感が強烈だ。いずれも濃厚なキャラクター。静かに余生を過ごすタイプではない。ひよりを名目上のリーダーに担ぎ上げ、喜々として捜査に飛び込んでいく。

犯人探しのミステリーとしてのおもしろさに加え、高畑、西島をはじめ、元警察関係者のおじさま方を演じる小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣らベテラン勢のアンサンブル演技も痛快だ。

メゾン・ド・ポリス、めっちゃ面白いねー! 西島さんがおじさんたちに翻弄されてるの、めっちゃ可愛い。

『メゾン・ド・ポリス』 高畑充希さんと叔父様方の絡みが贅沢 西島秀俊さんのエプロン姿や美味しい料理、お菓子など女子要素もいっぱい。でも中身はしっかりした刑事ドラマ。 何より手編みのセーターをお洒落に着こなしている近藤正臣さんが素敵✨ #メゾン・ド・ポリス #手編みセーター

◆『刑事ゼロ』(木曜夜8時、テレビ朝日)

「相棒」「科捜研の女」を手掛けた戸田山雅司が脚本を務め、1話完結形式で全く新しい刑事ミステリーを描く。

沢村一樹演じる優秀なベテラン刑事・時矢暦彦は、ある事件をきっかけに刑事としての20年の経験や記憶を失ってしまう。

京都を舞台に、刑事にまつわる経験が“ゼロ”になったことで敏感になった五感と持ち前の洞察力を頼りに、時矢は思いもよらぬアプローチで事件を解決へ導いていく。

・記憶喪失前と後の2つのキャラを沢村が自在に演じ分けている

沢村一樹と瀧本美織

視聴者の中には、早くもシリーズ化を望む声も出ている。キャスティングは、主演の沢村一樹を中心に、武田鉄矢・寺島進・渡辺いっけい・財前直見・猫背椿と、ベテラン俳優や個性豊かなメンバーが脇を固めている。

記憶喪失前の"ビフォー時矢刑事"とは、新人刑事・佐相智佳(瀧本美織)が名付けた側面。もう一つは、自信なさ過ぎのビクビクちゃん="今の時矢刑事"。これらパラドクサルな二面性を見事に演じ分けている。

「沢村さんといえばイケメンにもかかわらず、コミカルなキャラ・エロ男爵がおなじみ。しかし今回のドラマでは、硬軟自在な演技力が存分に発揮されています」(テレビ局関係者)

刑事ゼロ、ギャグテイストで面白いな ̄▽ ̄ww それにしても、before時矢刑事とafter時矢刑事の演じ分けが凄い ̄▽ ̄雰囲気凄い違うもんなぁ~

見どころは沢村一樹のビフォア・アフター~「刑事ゼロ」は新たな刑事ドラマ~ trendnews.yahoo.co.jp/archives/61480… 分かるよ❗ 沢村さんの魅力はココやと10年ぐらい前から言い続けてたのに~~(笑) 記憶なくす前はキレ者っぽい。 記憶なくした後はふにゃふにゃ この落差の演じ分けが上手い。

◆『私のおじさん~WATAOJI~』(金曜夜11時15分、テレビ朝日)

恋に破れ、仕事に疲れ切っていた主人公の新人AD・ひかり(岡田結実)の前に、妖精と名乗る謎のおじさんが現れる。それからひかりにしか見えない超毒舌のおじさんと、ひかりとの奇妙な生活が始まる。

1 2