1. まとめトップ

幼児にお勧めな英語教材を把握して快適な学び環境を作ろう

今多くの保護者の皆さんが幼児のうちから影響教育を受けさせることの重要性に注目し、幼児の英語教材を検討しています。幼児の頃から英語を学ぶメリット、おすすめの営業教材を紹介します。

更新日: 2019年01月28日

1 お気に入り 370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nagoya_nさん

幼児の頃から英語を勉強するメリット

出来る限り幼いうちに英語教育を受けることで、会話がすんなりできるようになる、英語を本格的に学ぶ時期に嫌いになることがないといわれます。
グローバル化が進む日本で将来言語で困ることがないように、英語教育を幼児の頃から勉強することが必要です。

■英語耳を作ることができる

英語の早期教育は必要はありませんが、英語耳を鍛えておくと、将来的に非常に有利です。

ただし、バイリンガルに育てたいなら生まれてすぐから英語教育は必要です。

小学校、中学校になってから英語を聞くと自分で使っている言葉ではないので苦手意識があります。
小さい頃から英語耳になっていると、耳で英語を楽に聞きわけできるようになります。

■英語脳で理解力を高める

日本語で話す時は日本語で考えて、英語で話す時は英語で考える。英語を英語で理解する。

それを「英語脳」と呼びますが、頭の中で日本語と英語間を翻訳する作業が無いので、淀みなくスムーズに話せます。日本人にとってはこれがかなりの鬼門・・・。なぜなら、英語と日本語はあまりにも違うからです。

【参考記事】大人からじゃもう遅い?日本人が英語を話せない4つの理由

一方で、ヨーロッパの言語と英語は共通点が多く、大規模な「脳内変換」を行うことなく、スムーズに話すことができます。

大人は英語を一度日本語に訳して理解しますが、幼児の頃に英語教育を受けた子供は英語で聞いてそのまま理解します。
この差は非常に大きなことで、英語脳だからこそ会話も英語の勉強も深く刻み込まれます。

■英語取得にかかる時間の確保

赤ちゃんが生まれてから2歳になるまで、1日3時間、毎日周囲の人の声を聞いて言葉をインプットしたと仮定してみると約2,000時間になり、母国語を話せるようになるにはこれぐらいの時間が必要ではないかと推定できます。

英語を母国語と同じように身につけるには、同じくらいの時間のインプットが必要だと考えられますが、約2,000時間の英語学習時間を確保することは簡単ではありません。
週1回45分の英語レッスンに通っても、2,000時間英語に触れられるのは60年以上も先になる計算になります。

子どもが生まれてやっと言葉が上手になったなと思うのは2歳くらいでしょう。
脳の吸収がいい幼児期でも約2000時間という2歳までの期間で母国語である日本語を覚えるのですから、大人の脳で英語を学ぶのはとても難しい事なのです。

幼児向けでお勧めの教材を紹介

幼児向けの英語教材も多数あり、保護者にとってどれを選べばいいのか迷うことも多いでしょう。
今多くの保護者が選んでいる人気の英語教材を紹介します。

■パルキッズ

パルキッズの教材は、小学生で英検準2級取得を目標を元に作られた教材。たった2年で受験はもちろん、社会に出てからも通じる大人の英語力を身に付ける土台づくりができると話題です。その内容はなんと、毎日90分のCDを流して、1日5分程度のオンラインレッスンに取り組むだけ。手間をかけず、楽しみながら自然に英語が身に付いていくよう考えられた学習プログラムなのです。

小学生で英検準2級を取得しようと作られた教材です。
聞き流しの英語教材なのでお子さんも無理強いされることなく耳に入るプログラムとなっています。

■ワールドワイドキッズ

着替え、食事、昼寝など、日常の生活時間に
“英語の音”を取り入れながら、英語の親子遊びを楽しみます。

しまじろうで有名なベネッセは幼児期に効率よく遊びながら英語を学ぶカリキュラムを提供しています。
おもちゃや絵本を利用して楽しく学習できるオススメ英語教材です。

■ディズニーの英語システム

「ディズニー英語システム」の最大の特徴は、オールイングリッシュなところ。英英のCDやDVDを毎日聞かせて&見せることで、あるとき「まんま」「ママ」と日本語をしゃべりだすように英語も話始める、母国語教育と言われる手法です。

昔から保護者の方々に支持されてきたディズニーの英語システムは可愛いキャラクターと一緒に英語の世界を楽しむというイメージがあります。
ネイティブな発音、それに聞く、書く、話すことを幼児のうちからしっかり学べます。

幼児の英語教育の教材

幼児の英語教育の教材には色々なものがあります。
本やCD、DVDなど楽しく英語を身近なものに感じられる教材ばかりです。

■英語の本

小学校にも英語が導入され、英語の授業は遊びではなく、授業評価されることも決まりました。そんな中で、英語の授業への希望とともに不安を持たれる保護者の方も増えてきています。今回は英語に不安感を持っている保護者の方のために、幼児期から読み聞かせに使える英語絵本をご紹介します。

1 2