1. まとめトップ

一度は耳にしたことがあるシューベルト名曲集

歌曲の王の名で親しまれ、耳馴染みのある曲も数多く作曲しています。

更新日: 2019年02月01日

1 お気に入り 1827 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

System9さん

フランツ・ペーター・シューベルト(ドイツ語: Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、歌曲の王と呼ばれることもある。

軍隊行進曲 D733, Op.51

『軍隊行進曲』は、シューベルトがピアノ連弾のために作曲した曲集『3つの軍隊行進曲 Trois Marches Militaires』 D733 作品51

この作品の第1番は、現在シューベルトの作品の中でもっともポピュラーなピアノ曲のひとつとして、独奏されることが多いが、もとはピアノ連弾曲である。シューベルトがジェリズに赴任していた1818年に作曲された。

楽興の時 D780, Op.94

『楽興の時』(がっきょうのとき、Moments Musicaux )D 780は、シューベルトが作曲した6曲構成のピアノ曲集。1823年から1828年にかけて作曲され、28年に作品94として出版された。

日本では多くのCMで採用され、広く知られている。特に第3番ヘ短調が名高い。

4つの即興曲 D899, Op.90

シューベルトは最晩年の1827年頃に4つの即興曲を2組作曲しており、作品90、D899と作品142、D935がある。

同時期に作曲された4つの即興曲 作品142、D935が一つのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せている。

4つの即興曲 D935, Op.142

ピアノソナタという形式をとらないが、実質大ソナタとも呼べる優れた構築性が認められる。

第3曲は『ロザムンデ』の主題をそのまま生かした洗練された変奏曲であり、単独での演奏機会も多い。

ピアノ五重奏曲イ長調「鱒」 D667, Op.114

通常のピアノ五重奏の編成(ピアノ1台と弦楽四重奏)とは異なりシューベルトの作品ではピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロおよびコントラバスという編成がとられている。

第4楽章が、歌曲「鱒」(作品番号D550)の旋律による変奏曲なので、「鱒」という副題がついている。

白鳥の歌「セレナーデ」 D957,965A

歌曲集『白鳥の歌』は、3人の詩人(レルシュタープ、ハイネ、ザイドル)による詩集から採られた14曲から成り、『セレナード(セレナーデ)』はレルシュタープの詩による7曲の歌曲の一つ。

自身が編んだ『美しき水車小屋の娘』、『冬の旅』とは異なり、『白鳥の歌』は彼の死後に出版社や友人たちがまとめたものであり、歌曲集としての連続性は持っていない。

野ばら D257, Op.3-3

1 2