1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なるほど…みんなが実践している浴室の「カビ予防」が参考になる

みんなが実践していることを参考にしてみましょう!

更新日: 2019年02月15日

75 お気に入り 54885 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼浴室ってカビが発生しやすいよね(´;ω;`)

お風呂場の汚れのほとんどは、浴室内の“湿気”と“石鹸や皮脂汚れ”によって発生した、頑固な「カビ」が原因です。

カビは適度に暖かく、水分と栄養のある所が大好き。
そんな条件がそろう浴室は、カビにとって住み心地の良い場所

□そんな時はコレ!みんなの「カビ対策」が参考になる!

・とにかく湿気を溜めない!浴室暖房乾燥機や換気扇を活用!

最低2時間以上は換気扇を回しましょう。長ければ長いほど予防の効果が高まるので、お風呂に入る時間以外は換気するのもおすすめ

換気扇を止めて1時間後に、浴室のニオイを確認してみましょう。そこで臭う場合は、確実にどこか汚れの巣窟があります。

・シャワーをかけてから出る。

「風呂から出るときに水のシャワーを浴室に撒いておくだけでカビが生えにくくなる」と母に聞いて暫く試してみたら、カビ取りの頻度が明らかに減ってきた…素晴らしい知識をありがとう母よ…

風呂掃除は終わった…… お風呂出る時は60度のお湯で浴室内をシャワーでサッと流して換気扇回しとけば、カビは発生しにくい

お風呂から出る時に真水のシャワーを風呂の壁や床に蒔けば、一気に風呂場の気温が下がって防カビ対策等になりますですよ。

入浴後、浴室の壁や浴槽内をシャワーすることによって、カビの好物である“皮脂汚れや石鹸のカス”を洗い流します。仕上げに冷水のシャワーを流し、浴室内の温度を20度以下に下げることも大切です。

・水切れのよいラックやカゴを活用して水分をしっかり切っておく。

シャンプーボトルの底は赤カビがつきやすい。シャンプー剤の液だれを放置しないよう、日頃からお湯で流しておきましょう

風呂道具の水切り問題をたった1つのアイテムが解決してくれた pic.twitter.com/5vO6ZkXto7

この春から新生活始まった勢、今からでも遅くないからスクイージーと排水口ネットを風呂場に常備しとけ。 風呂上がりに水切り&排水口のネット取り替え(ついでに軽くぬめりを取れば尚良)するだけでピカピカバスルームキープできるから。1〜2分で済むから。一年近く経ったが、殆ど水垢付かないから。 pic.twitter.com/azNkcRC0ba

1 2