1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

波乱の展開…4強決定のアジアカップに注目集まる

誰がこの顔ぶれを予想しただろうか…

更新日: 2019年01月26日

7 お気に入り 28221 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■アジアカップ準決勝で波乱

韓国代表がまさかの敗退

AFCアジアカップUAE2019 準々決勝が26日に行われ、韓国代表はカタール代表と対戦。

韓国は序盤からボールを保持してチャンスを作るもゴールを決められず、逆に一瞬の隙をつかれてカタールに先制を許してしまう。

その後は猛攻に出るも、FKがポストに当たるなど最後までカタールの堅守を崩すことができず、0-1で敗戦。

ベント監督就任後の7試合で無敗と好調を維持し、59年ぶりのアジアカップ優勝を目指していたが、またしても果たせなかった。

前回大会王者・オーストラリアは開催国UAEに敗戦

一進一退の攻防が続いていた後半23分、DFデゲネクの不用意なバックパスをFWマブフートが奪ってゴールに流し込み、UAEが先制。

■4強進出チームは今までにない顔ぶれに

史上初の4強入りを果たしたカタール

自国での開催となる2022年のワールドカップに向け、カタールサッカー協会は若年層の強化に取り組むなど、代表チームを強化中。

チームの中心で、得点ランクトップに立つFWアルモエズ・アリも、カタールの未来を背負うと期待されている選手の一人。

有望な若手とベテランが融合し、ここまで全試合無失点と守備も安定するなど、今大会のダークホースとなっている。

2大会連続のベスト4入りを果たした開催国UAE

2016年にアジア年間最優秀選手に選出され、チームの中心であるMFオマル・アブドゥルラフマンが負傷により欠場。

それでも、2011年に日本代表を率いてアジアの頂点に立ったザッケローニ監督の下、攻撃サッカーを展開。

FWマブフートやMFアメル・アブドゥルラフマンといった中堅選手らを中心に、接戦をものにして勝ち上がってきた。

アジア最強との呼び声も高いイラン

就任8年目となるカルロス・ケイロス監督の下、チームは成熟しており、FIFAランキングはアジア最高の29位。

得点力、パワー、スピード、テクニック、インテンシティーなどに秀でたアジア屈指の選手が揃っており、選手層は分厚い。

1 2