1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

日本の薬の違法販売が問題になっている…それには様々な事情が背景にあった!!

中国への日本の薬の違法販売が問題になって久しいですが、2019年になって新たな摘発が行われました。日本の企業ですが、こういった事態は後を絶ちません。なんと、中国ではSNSで、当たり前のように日本の薬の売買の呼びかけが行われていて、背景は様々な事情があったようです。

更新日: 2019年01月26日

11 お気に入り 18130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本の薬が違法に売られている

認証まで厳しく時間がかかるので、質がいいものが多い。

中国で「神の薬」と呼ばれるほど人気が高い日本製の医薬品を中国人に違法に販売していたとして、埼玉県の医薬品卸売会社の社長が逮捕されました。

横流しされたのは、糖尿病の治療薬などいずれも医師の処方箋が必要な薬とみられ、中国では「神薬」=「神の薬」と呼ばれ、人気が高いということです。

大阪府警は先日、医師の処方が必要な医薬品の不正販売に関係した中国人8人と日本人1人を逮捕した。事務所には糖尿病や高血圧などの処方薬が大量に保管されていたという。

不正に処方された医薬品を購入する側にも、副作用をまったく知らないまま服用してしまうなどのリスクがあり、病状の悪化を招くばかりか、状況によっては死に至る危険さえある。

在日中国人が多く集まるSNSのグループチャットで、「日本の緊急避妊薬あります」「処方箋の必要ながん治療薬・イレッサあります」などといった文言が飛び交っていた。

主に中国で行われている

中国では「日本製の医薬品は効果が高い」と評判で、不正に処方してもらった医薬品を中国で転売する事例は少なくない。

日本で最近、医師の処方箋(せん)が必要な医薬品の違法取引に関わったとして中国人が警察に身柄を拘束される事件が相次いでいることを受け、在大阪中国総領事館がホームページに注意を促す文書を掲載したと報じた。

日本の法律では、医療機関は、医師の指導のもとで使用されなければならない処方薬を使用者以外の人に販売することは禁じられている。

違法な取引が発生すれば、販売者と購入者はともに法的な責任を追うことになる。営利や転売を目的とした処方薬の違法取引は重点的な検査の対象となってい

背景はこんなところにあった

中国メディアの報道によれば、処方薬は日本で定められている薬価の2~5倍の価格で売られていたというが、保険証を使って入手していたとなれば、薬価は3割負担となるので、利幅はかなり大きいだろう。

1万円の薬価の処方薬だとすれば、保険証を使えば3,000円で手に入り、それを最大5万円で転売できる計算になる。

日本のドラッグストアなどでの中国の人々の爆買いは以前ほどではないものの、いまも続いている。

しかし買える薬は少ない。

中国人にとっては、ものがよければ価格は問題になりません。処方薬は自由には買えないですよね、一般のドラッグストアでも医師がいなければ処方薬は取り扱えません。だから、人に頼むとか密輸とか、値段が何倍もしても買わなければならない

先に挙げた薬品などはいまや、中国では知らない人がいないほどの大人気商品だ。

様々な声が…

@arimoto_kaori 中国人による処方薬の転売問題も「不正」を見つけるのが難しいですね。淘宝でも何故か日本の処方薬が売られています。日本の保険を使って安く仕入れて中国でSNSなどで売って小遣い稼ぎしている個人も多いです。ちゃんと日本の病院で入手した本物だと証拠写真まで付けて売ってる輩も居ました。 pic.twitter.com/d285TeVDkt

日本で未承認の避妊薬 SNSで広告投稿か 中国人技能実習生3人逮捕 多量出血等の危険性 愛知(東海テレビ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-… @YahooNewsTopics 中国の薬は怖いからね 原材料会社も摘発されたくらいだからね

”日本の睡眠薬は覚醒剤などよりも簡単に入手できるだけに、当局は若者への広がりに警戒を強めています” ですって(笑) 覚醒剤作ってる中国に言われるって凄いな。日本はなんで製造元が分かってる処方薬や注射器の取締りを行わないのか(笑) 日本の睡眠薬 SNS通じ中国で密売かwww3.nhk.or.jp/news/html/2018…

「糖尿病や高血圧などの処方箋が必要な薬を中国のSNSを利用して販売、総額2億5000万円を売り上げていた」。爆買い転売ビジネスももう普通の商品は売れないのかも:医薬品13万点を販売目的で保管 中国人の男逮捕 mbs.jp/news/kansainew…

1 2