1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いま猛威をふるっているインフル

今月20日までの1週間で、国内のインフルエンザ患者数の推計が200万人を超えたと国立感染症研究所が25日発表した。

インフルによる死者も出ている

インフルエンザの感染拡大は警報レベルを超え、13日(2019年1月)には長野県で小学生の男児がインフルエンザ脳症で死亡した。

北信地方の男子児童がインフルエンザに感染し、その後死亡していたことが関係者への取材でわかりました。死亡したのは北信地方の小学校に通っていた4年生の男子児童

ことしに入って、県内でインフルエンザ脳症になった人は3人で、平成23年以来の高い水準となっています。

なかでも注意したいのが・・・

厚労省の研究班が2018年11月5日に公表した報告によると、昨シーズンはインフルエンザ患者の異常行動は、95件あった。

厚労省が2007年に行ったインフルエンザ1万人を対象とした調査で、うわごとなど軽い異常行動まで含めると、 インフルエンザと診断された子どもの6~7人に1人は異常行動を経験

インフルの異常行動の再現VTRがめっちゃ怖い。目のあたりにしたらこっちもパニックになってどうしたらいいかわからんくなりそう。

主に発症するのは・・・

小児・未成年者において、インフルエンザ発症後にお薬の服用の有無にかかわらず、「異常行動」などの精神・神経症状が発現することが知られています。

年齢は10歳前後の子どもが中心で、多くのケースが発熱から2日以内に起きています。

発症する時期は・・・

この異常行動などの精神・神経症状については、インフルエンザによる発熱後数日以内(多くが2日以内)、また睡眠中に発現することがあるといわれています。

インフルエンザにかかり、自宅で療養する場合は、抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無や種類によらず、少なくとも発熱から2日間は、保護者等は転落等の事故に対する防止対策を講じて下さい。

主な症状として・・・

ゾウやライオンなどの動物やポケモンなどのアニメのキャラクターがやって くるなどの幻視、幻覚を中心とした意味不明の言葉をしゃべったりとか、理由もなくひどくおびえたりといった行動も

異常行動の内容は、突然走り出すのが最も多くなっていますが、興奮して窓を開けて飛び降りようとしたり、歩き回ったりすることもあるということです。

怖い怖い。 インフル異常行動に注意 飛び降りなど年50件超 厚労省: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

1 2