1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

読む前からゾッとする…!Twitterで見かけた『表紙が怖すぎる小説』

読んでみてもやっぱり怖い。(独白するユニバーサル横メルカトル、怖い話、ハコオンナ、抒情的恐怖群、忌館 ホラー作家の棲む家、恐怖箱 憑依)

更新日: 2019年02月03日

47 お気に入り 26195 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

★『独白するユニバーサル横メルカトル』 平山夢明

独白するユニバーサル横メルカトル/平山夢明 表紙が怖いし中身も怖い。

平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」。八篇からなる短編集。いずれの話も、禍禍しい表紙に劣らぬ狂気、猟奇、陰鬱さに満ち溢れている。表題にもなっている 「独白する~…」は推理要素ほぼ無いのに、過去このミステリーが凄い1位に選出されている。語り手の視点がユーモア。 pic.twitter.com/KwfbA3AWqU

平山夢明短編集『独白するユニバーサル横メルカトル』を読了。グロとホラーを一点突破で突き進む感じが健在でした。どことなく桐野さんの『奴隷小説』を思い出しながら読みました。 #読了

★『怖い話』 福澤徹三

わたしが幼い頃は「猫ラーメン」の噂を何度も聞いた。旨いと評判の店の厨房には、猫の生首がごろごろしているという。

『怖い話』福澤徹三 著 ベクシンスキー作の3回見たら死ぬと噂の絵が表紙

福澤徹三『怖い話』(幻冬舎)がとても面白かった。しかしこの本の表紙「三回見ると死ぬ」といういわくつきのベクシンスキーの作品で、実はこれが一番怖いかも…

福澤徹三「怖い話」を読み中。おもしろおかしい「怖い」話で溢れているが、「怖い刑罰」中の、刑務所に入ったらクラシックバレエを習得しなければいけない、という著者の意見が楽しい。刑罰を苦痛ではなく羞恥に向かわせるというもの。

★『ハコオンナ』 神秋昌史

ある夏の日、人里はなれた山奥に佇む古びた館を訪れた坂田見兄妹。それは夏休みを利用した、ただのアルバイトのはずだった。

ハコオンナの表紙すごい怖い 本能的に危機を感じる怖さ

今日のボドゲ練習 「ハコオンナ」 慎重に移動してたのに赤さんがタンスの引き出しを開けたらハコオンナがいたため死亡… 悲しみの中ハコビトになってしまった… 箱表紙怖すぎなんですけど… ホラー苦手だけどゲームは面白いデス 必ず貴方を殺します…ふふふ… pic.twitter.com/4m7GtIw0aI

小説版ハコオンナ読了。プロの人が書いてるって言ってたけど「今その描写いる?」みたいなのが結構多いから最初結構読むの力いる作品。全体的には個人的に異世界ピクニックよりもサバイバルホラー感強い。内容と読了感めっちゃ神。プロ越えて神。絶対読んだ方がいい。ホラー好きなら絶対。 pic.twitter.com/2zpnIwX1Bd

★『抒情的恐怖群』 高原英理

都市伝説、土地の怪談、現代の妖怪談、恐ろしくも美しい官能的ホラー・・・

今読んでる高原英理『抒情的恐怖群』はスプラッタホラーなので、黒兎先生にお勧めなのかもしれない。表紙の人形が怖い。

高原英理さんの「抒情的恐怖群」めっちゃ怖い。主人公がえらく古い妖怪の本持ち出してきて、これは絶対京極堂も持ってんだろうなと思ってたら案の定帯文が京極夏彦さんだった。

高原英理『抒情的恐怖群』読了。タイトルに惹かれて読んでみたら予想以上の掘り出し物。講談調とでも言うのか、勿体ぶっていながら妙にリズムのいい文体で綴るホラー短篇集で、どれも一筋縄ではいかない人を喰った話ばかり。和製ロバート・エイクマンって感じ。「帰省録」「緋の間」が特によかった。

★『忌館 ホラー作家の棲む家』 三津田信三

奇妙な原稿が、ある新人賞に投稿された。私は友人から応募者の名が「三津田信三」だと知らされるが、身に覚えがない。そのころ偶然に探しあてた洋館を舞台に、私は怪奇小説を書きはじめるのだが……

読了です。 珍しくホラーミステリー。 完全に表紙買いの怖いものみたさ。 物語内の現実と作中作が読み進むにつれて、どんどん1つに混ざっていく。 「何か」はわからないが纏わりつくような嫌な雰囲気と既知感。 何が現実で何が虚構なのか。息が詰まるほど作品にのめり込まされました。 pic.twitter.com/rnQ9Kie4vG

『忌館 ホラー作家の棲む家』 ある新人賞に投稿された作品の応募者の名前が「三津田信三」だと知らされるが、”私”には身に覚えがない。その頃”私”は偶然に探し当てた洋館を舞台に怪奇小説を書き始めるのだが… 三津田信三さんのデビュー作。これが原点なんだなぁ… #読了 pic.twitter.com/Fxhoe36WjJ

「忌館 ホラー作家の棲む家」読了。 ホラー的な怖さと謎解き的なおもしろさは当然だけど、ノンフィクション仕立てにするための手の込みように度肝を抜かれました。もっと三津田先生の作品読みたくなった! pic.twitter.com/WflXYKqw9j

1 2