1. まとめトップ
1 お気に入り 530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

インタビューなどで聴き取れた内容などをもとにしています。意訳している部分もありますがご了承ください。

Murphy730さん

Vulfpeckの曲をまだ聴いていない人はとりあえず聴いてください

出典qwest.tv

左からWoody Goss、Theo Katzman、Joe Dart、Jack Stratton

AppleのCM

Apple Payのcmで曲が使われていました。

メンバー同士は大学時代からの付き合い

メンバーはミシガンの大学で出会った仲間たち。
新入生としてやってきたジョー・ダートのベースを初めて聴いたジャック・ストラットンは、「君はドラマーだな!」と言ったそうです。ちなみにジョーはカリフォルニアの大学に受かっていたのにも関わらず、1歳年下の彼女のためにカリフォルニアへ行くのをやめて自分の故郷であるミシガンの大学に通うことにしたそう。彼女がいなかったらこのバンドは誕生していなかったという事実にびっくり。

無音で稼ぐ

Vulfのリーダー、Jack

ジャック・ストラットンは赤い半袖がトレードマーク。このバンドのメンバーは基本的にみんな個性的なんですけど、その中でもさらに個性的。Vulfpeckのリーダーで、バンドのビジネス面も管理しています。

ビデオの編集も彼がやっていて、ジャックが奇妙なダンスをしている動画がいくつかあります。
テオは、自分の中に潜んでいたユーモアをジャックが引き出してくれたとインタビューで語っていました。

他のメンバーによると、ジャックはステージの上では中心的存在にもなるしサイドの存在にもなれるとのこと。
たとえサイドになった時でも、それぞれのメンバーを前に押し出してくれる力を持っているそう。

歌いながらサラダ作る人たち。いちいち上手い。
多分、ジャックの着ている服は大学のTシャツ。

この広い芝生の上でアルバムを全曲再生してドローンとともに奇妙なダンスを延々とするだけの動画。ここまでくるともはや可愛いなって思いません?私は思う。

みんな大好きJoe Dart

ファンから特に絶大な人気を誇るベーシストのジョー・ダート。ライブではJoe! Joe! Joe! Joe!とファンからのかけ声が止まらず、どの動画のコメント欄を見てもジョーを絶賛している人達ばかり。

「僕たちには彼がいるからなにも問題ない」
「このバンドはベース中心に回ってる」
「いろんな人が彼と演奏したけど、僕たちみんな彼のファンだよ」
「たくさん良いバンドがあるけど、どこのバンドにもジョー・ダートはいない」
とバンドメンバーに言わせるあたり、みんな彼の技術を信頼しきっているのがよくわかります

いかにみんながジョーのこと好きか伝わってくる

1 2 3 4