「人骨資料自体は、医学部の解剖学教室で、明治から昭和20年代初めぐらいまで作られて結構な量が存在する。高校とかに出回った可能性は考えられると思う」としている。

出典なぜ?学校にヒトの頭蓋骨と“脳のホルマリン漬け”  相次ぐ“本物の人体”発見の謎 - FNN.jpプライムオンライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る