1. まとめトップ

衝撃!宮古島で不動産バブル崩壊の始まり!

宮古島の不動産は今後、どうなっていくのか?2020年オリンピックを機に大暴落が待っているのか!?

更新日: 2019年02月03日

4 お気に入り 3982 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

どうして宮古島の不動産が借りづらいか、売買物件の価格が上がっているか、とても不思議に思い、宮古島にいる知人に宮古島の不動産状況を聞いてまとめてみました。

高騰し続ける宮古島の家賃。
バブル崩壊目前!

宮古島は今まさに不動産バブルの真っ只中!

ワンルーム10万!なども出てきました!

もともと値段のつかない土地も高値で売れる狂った状態。

ただし局地的なバブルの為、それもそろそろ終わりを迎えようとしています。

現状はマンションなどは100%稼働となり、空きが出ればすぐに埋まる状況。

売買の方も廃墟物件ですらすぐに買い手がつくまさにバブル。

建築ラッシュで県外からの労働者の寮としての需要が高く建築ラッシュが落ち着けば、労働者は帰ってしまう。

需要が減るのに建築ラッシュの為マンション自体は大幅に増えた状態になる。

需要と供給のバランスが崩れた途端に、宮古島の家賃は大暴落。

需要と供給のバランスが逆転する。

この時には空室率は一気に跳ね上がり、築年数の古い建物などは急いで家賃を下げないと空室がかなり出てしまい廃墟化してしまう。

建築ラッシュにより住宅が過剰に増えた為に家賃の下げ幅はバブル前の水準以下になると言われています。

一度バブルが弾けてしまうと家賃の下落はどこまでも下がり続けて、下げても借りて手がつかない状況が予想されます。

現状は日本一マンションが借り難い離島ですが、数年すれば、空室が山ほど出るので家賃は極端に下がり借りやすくなることが予想されます。

バブル期に建設をしたマンションオーナーは空室が山ほど出てしまいローンが払えずに投げ売りが始まります。

結論、宮古島不動産は今が絶好の売り相場。

損失は最小限に。
下がり始める前に宮古島の不動産は売却をした方が賢明だろう。

【宮古島 不動産会社】

▼宮古島 不動産バブルおすすめNAVERまとめ▼

1