昨日は、小田急の車両を借り入れて高速試験を行ったと言うお話をさせていただきましたが、実は3000系の設計には国鉄の技術研究所がかなり設計に関しては技術協力をしたそうですが、小田急としてもかなり部内で物議は有ったそうです。
特に、運転台が低くなることが万が一の事故の場合どうするのかとか、見通しが悪くなると言う問題提起がなされたと言います。
また、連接台車に関する保守も保守部門からは不安が有ったそうです。

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本国有鉄道史 新性能電車の幕開け第4話 特急電車151系の誕生

新性能電車の幕開、第四話として特急電車151系の誕生時のお話しを中心にさせていただこうと思います、特急こだまとしてデビューして、その後特急つばめ・はと等も置換え、新幹線開業前の華やかな時代を作りました。

このまとめを見る