1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

世界初の純チタン製カトラリー「Ensō Edition」が注目集める!家ごはんの高級感を高めよう!?

純チタン製カトラリー「Ensō Edition」が世界中で注目を集め多くの人達の間で話題を呼んでいる。

更新日: 2019年01月28日

1 お気に入り 2118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

alive1984さん

純チタン製カトラリー「Ensō Edition」が世界中で注目集める!

「Ensō Edition(エンソー・エディション)」は、医療現場で使用されるグレードの高純度チタン素材を使ったカラトリーで、チタンの抗菌力や軽量性、腐食のしにくさが特徴。世界初の純チタン製カトラリーです。

「Ensō Edition(エンソー・エディション)」のPV

原子構造が極めて安定している純チタン製カトラリーは無味無臭で、アレルギー反応が低く化学耐性が高いため、食品と舌の味蕾の間で余計なナノ化学反応が発生しません。そのため、人体に極めて安全なカトラリーで、金属臭もなく、料理本来の味だけを楽しむことができます。

カラトリーに含まれるものは、ストロー、お箸、スプーン、フォーク、ティースプーンの5種類。

チタンは硬度、融点、化学耐性が他の金属より大変高いため、
扱うことがなかなか難しかったものの、逆にチタンだからこそ実現できる
機能性、見た目の美しさはほかの追随を許さない唯一無二のものがあります。

「Ensō Edition」の特長については!

専門家が説明していると思ってください!

耐腐食性が高い:チタンの腐食速度は非常に遅く、海水に4000年間漬けていても表面の海水浸透は1㎜未満です。

耐熱性が高い:アルミニウムの融点が660℃なのに対して、チタンの融点は1668℃なので、チタンは熱に対する耐性も極めて高いことになります。

熱伝導率が低い:ステンレスや他のカトラリー素材と比べて熱伝導率が極めて低いチタン。「Ensō Edition」のスプーンなら、熱いスープやコーヒーに浸していても熱くならず、手を火傷しそうになることはありません。

「Ensō Edition」は、製造工程で精密研磨と熱処理を何サイクルも施すことで、滑らかで光沢のあるハイエンドな仕上がりを実現しました。長く使い続けても飽きのこないシンプルで美しいデザインも魅力的です。

チタンの潜在能力の高さはやばいとのことである!

チタンは色々なものに使われている!

チタンは空気に触れると、ナノコーティングを生成し、
このチタニア(TiO 2)には、細菌の繁殖を防ぐ強力な抗菌効果があります。

ペトリ皿に一般的なステンレス鋼標本2種類(AとB)とチタニア(TiO2)をコーティングしたステンレス鋼標本を置いて24時間経過した時点での黄色ブドウ球菌と大腸菌コロニーの繁殖状態を示しています。

画像はイメージです

画像はイメージです

チタンは、すべての金属の中で最も強度対重量比が高いので、一般的な鋼よりもかなり硬くて軽量です。そのため、飛行機のエンジン、ドーム球場の屋根、橋梁、人工関節などに広く用いられています。

世界初の純チタン製カトラリー 「Ensō Edition(エンソー・エディション)」
ぜひmachi-yaでチェックしてみてください!

■ 参照リンク ■

1