1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

嵐もきっと…活動休止を経て、飛躍を遂げたアーティストたち

ジャニーズの5人組人気グループ・嵐が26日、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表しました。いきものがかり、宇多田ヒカル、KAT~TUN、flumpoolなど…解散や引退ではなく、活動休止を選んだアーティストは見事な復活を遂げています。

更新日: 2019年01月28日

7 お気に入り 15963 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

嵐、2020年をもってグループ活動休止

ジャニーズの5人組人気グループ・嵐が26日、2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表した。有料ファンクラブサイトに、5人の動画メッセージを投稿し報告した。

動画で大野智(38)は「2020年という区切りで一度、嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか。何度も話し合った結果、結論に至りました」、二宮和也(35)は「2020年の最後の最後まで嵐らしく過ごしていける様、これから5人で頑張っていきます」と報告した。

解散ではない!あくまでも活動休止

嵐のことでヤバいヤバいって友達がLINEしてきたから 落ち着いて 言葉をよく見なよ 一時休止だよ? 解散じゃないんだよ? って言ったら そっか(納得) って言ってすぐ落ち着いたwwww

正直まだ「帰ってきてくれるときが本当に来るのかな…」って怖いけど、会見見るまで「これは事実上の解散か…」ってなってたのが、会見で嵐さんの笑顔見て嵐さんからの言葉聞いただけで「大野さん、やりたいことやってたくさん休んでね」って気持ちになれた。大野さんの思う自由な生活できたらいいな。

嵐はあくまで活動休止ってだけ もっと柔らかい言い方だと 嵐の大野くんの夏休みでしょ なのに友達から嵐解散したねとか 言われるのほんとにやめてほしい

活動休止から華麗なる復活を遂げたアーティストは多い

2017年1月いきものがかり「放牧宣言」

メジャー・デビュー10年の節目を終え、2017年1月5日、『放牧宣言』と題して、グループとしての活動休止を発表した。

2018年11月「集牧宣言」

2017年1月に「放牧宣言」を行い、活動休止した人気バンドの「いきものがかり」。今年11月2日にラジオの特別番組『AVALON~事件です!いきものがかり集牧宣言~』に登場し、「集牧宣言」を行い、翌3日より活動再開することを発表した。

実はガチのいきものがかりファンで 今は今年から活動再開したんだけどそれこそ活動休止しますってなった時は泣いたし休止中だった時も心に穴が空いた状態だったわけで… でもファンって信じて待つことしか出来ないんだよなぁ… たまーにくるFCの会報とかがめちゃ嬉しかったり…

いきものがかりみたいに、 放牧します みたいな 嵐は、一旦、そよ風になりまーーす! みたいな発表やったら そっか!そりゃずっとトップで走ってきたらしんどいよね!ちょっと休みな休みな! って思うさ、きっと 活動休止は、、、、

いきものがかり集牧宣言後に活動休止するアーティスト多くない?

いきものがかりみたいな活動休止ならいいけど心配だな

2010年アーティスト活動を止めて「人間活動」に専念した宇多田ヒカル

2010年8月9日、来年以降のアーティスト活動を止めて「人間活動」に専念することを告げ、同時に秋から冬にかけてシングル・コレクションvol.2や新曲を発売することも発表した。

5年ぶりに活動を再開

主題歌は宇多田ヒカルの『花束を君に』。宇多田にとっては、NHKドラマへの初めての書き下ろし楽曲の提供となる。また、2010年末をもって「人間活動」と称して音楽活動を休止していた宇多田は本作を機に5年ぶりに活動を再開した。

20年も突っ切って働いてきた嵐が休みます!宣言すごくいいよな。ファンからしたら絶望かもしれんけど。あと大野の「普通の生活に興味がある」て言葉重く感じるな。宇多田ヒカルの「人間活動に専念する」宣言に似てて、ちょっとびっくりした

宇多田ヒカルが人間活動がしたい(やったっけ?)宣言して、活動休止した時を思い出した! 有名人は、普通の生活って難しいだろうから

一緒にしちゃいけないけど。 宇多田ヒカルさんが人間宣言をして、少しの間活動を休止されてたように。大野さんも普通の何でもない自由を、少しでも味わってほしいな。

なので前向きに、いずれ一緒になるために必要な準備期間として捉えようと思ってる。宇多田ヒカルが昔休止宣言した「人間活動」に近いかもしれないな。 彼は私のことを信じてくれているので、私も自分自身と、彼を信じます。

2016年KAT-TUN「充電期間」

5月1日の東京ドーム公演を最後に「充電期間」へ入り、以降はそれぞれソロ活動に専念する。

1 2