1. まとめトップ

日本赤軍をまとめた女リーダーの革命家・重信房子とは..

日本の新左翼活動家、革命家。元赤軍派中央委員、日本赤軍の元最高幹部だった重信房子は、懲役20年の実刑判決を受け、現在は八王子医療刑務所にて服役中。

更新日: 2019年02月04日

2 お気に入り 46820 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

firk12さん

●重信房子

日本の新左翼活動家、革命家。元赤軍派中央委員、日本赤軍の元最高幹部である。

・生い立ち

昭和20年9月に東京都世田谷区で4人兄弟の次女として生まれた。

父親は『血盟団』に所属していたと称する右翼の活動家で、第二次世界大戦前の血盟団事件に関与した右翼団体金鶏学院の門下生であった。

房子はこの父の影響を強く受けた。

生活は極めて困窮状態であった中で、彼女は父親の正義感を社会の窓口として受け継ぎ、彼女の生き方の始まりとする。貧乏のため、普通高校を諦めた彼女は、アルバイトしながら都立第一商業に進学している。

東京都立第一商業高等学校卒業後、キッコーマンで働きながら小学校教員を目指し、明治大学文学部史学地理学科の夜学に通う。大学では文学研究会で『一揆』というミニコミ誌を出していた。

明治大学の二部の学生だった頃の重信房子。 RT @yuuraku あらためて思うが重信房子は美人である。 pic.twitter.com/s4W2MkJyK8

・学生運動

大学入学後、夜学連に参加し、2年次に文学研究会が属していた研究部連合会の事務長を務めていた重信は学費値上げに絡んで明大闘争に参加した。

明大闘争において全学連における立場を失墜させた共産主義者同盟(第二次ブント)の再建に協力してほしいとオルグされ、加入。

その後分裂した共産主義者同盟赤軍派に創立メンバーとして加わる。塩見孝也ら幹部が逮捕され弱体化する中で主導権を握った森恒夫と対立した。

連合赤軍やらが猛威ふるってた頃には「赤軍罪」なる流行語もありましたよねぇ…2000年代入ってからも、日本赤軍残党がさきいか万引きしたのをきっかけに逮捕されたってニュースがありましたし twitter.com/inukai_shunji/…

・日本赤軍

大学の授業料の値上げに反対し、1960年代に広がった学生運動から派生した過激派の一つが日本赤軍。

奥平剛士らとパレスチナで日本赤軍を結成し、創設当初は「アラブ赤軍」、「赤軍派アラブ委員会」、「革命赤軍」等と称し、その名称さえきちんと定まっていなかったが、1974年以降、「日本赤軍」を正式名称とした。

重信が「最高指導者」となった日本赤軍は、「革命運動」を自称し1970年代から1980年代にかけて、一連のハイジャックや空港内での乱射事件などの無差別殺人を起こした。

身代金や仲間の奪還を目論む事件を起こしたり、外国公館に攻撃をするなど、多数の民間人をも巻き込んだテロ事件を繰り返し世界各国から非難を受けた。

M作戦(1971年) 赤軍派による銀行強盗事件。 革命戦争の資金調達のため実行。計8の銀行が襲われ、多額の現金が奪われたが、連合赤軍の逮捕で9割程を回収した。 赤軍派を象徴する事件の一つで、過去に参加した日本赤軍メンバーも多い。 pic.twitter.com/1ESUNx3G84

・日本赤軍の壊滅

アラブ諸国政府からの支援減少、欧米各国、イスラエル、日本などの西側諸国の対テロ対策や資金規正の厳重化などにより、活動は先細りとなっていった。

1980年代後半以降には、その思想が完全に時代遅れとなったことから新規の支持者や支援者の獲得が更に困難となり、1990年代に入ると「日本赤軍」としての活動はほとんど行えない状況となった。

さらに1980年代後半から1990年代後半にかけて、逃亡を続けていた丸岡修や和光晴生等の中心メンバーが相次いで逮捕され、組織は完全に壊滅状態に追い込まれた。

森恒夫 連合赤軍の最高幹部。 1944年生まれ。69年に赤軍派に加入し、やがて最高幹部となる。71年に連合赤軍を結成し、山岳ベース事件を指揮。翌年に逮捕され、獄中自殺した。 重信房子とは折り合いが悪く、常に対立関係にあった。 pic.twitter.com/o7fgToEDyO

・逃亡

1 2