まじか…「センター廃止」の現実に受験生が悲鳴をあげてる

2020年を最後にセンター試験が廃止され、2021年からは後継として「共通テスト」として刷新されることとなっています。しかしその改革が、受験生や高校教師などに大きな負担になると考えられており、対策が求められているようです。

更新日: 2019年01月28日

36 お気に入り 194004 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実は2021年から激変する大学入試

マークシート式(選択式)に加え、記述式の試験も始める。当面、国語と数学を対象に、導入する

記述問題が3問程度出題されるという。

英語は、各大学が共通テストと民間認定試験のどちらを利用するかを判断することに

民間試験では、TOEIC®やTEAP、TOEFLなどの「4技能検定」を用いる。

センター試験も今年と来年で終わりか。その次の年からは「大学入学共通テスト」というのに変わるらしい。特に英語は四技能ということで、実施方法もテストの運用方法自体もがらり変わるから、今の高校一年生からしっかりと対策しないとね。

どうしてもマーク形式の問題では応用力であったり、英語を使って発信する能力を問うことはできません。そのために、試験形式を変更してこれらの能力を入試で問うことに

実務として使える知識があるか問うように。

各大学もこのタイミングで入試改革へ

一般入試の出願資格に英語力を証明する書類などの提出を求める方針を公表

【理由は…】
国立大学協会が、民間試験の成績提出を一般入試の全受験生に課す指針を定めたため。

東京大学が大学入学共通テストで「高校の調査書で同等の英語力があるとされれば、スコアがなくても出願資格を認める(Kyodo)」とか。全然腑に落ちる。全然イイ。俄然イイ。断然イイ。もう一度 イイ。

早稲田大学政治経済学部の一般入試における「数学」の必須化を発表

いままで数学は必須ではなく、選択科目だった。

受験シーズンなので早稲田の政経が入試で数学必須化したことが改めて話題になってますが、この流れはどんどん進めて欲しいところ。ずっと前から数学抜きで経済学教えるの難しいでしょうし、政治学でも心理学でも教育学でも、実証研究の考え方を数学ドロップアウトした若者に教える先生たいへんそう。

一般入試では、センター試験の成績が加味されることはなかった。それを、大幅に変える

今後は、後継である「共通テスト」の成績も総合点に加えられることになるという。

慶應義塾大学は「大学入学共通テスト」について、全学部で利用しないと発表した。

慶應大は以前からセンター試験を利用した入試は行っておらず、変更後の「共通テスト」に関しても同じ見通し。

英語外部検定試験については、2021年度一般入試については全学部で利用を見送るものの、将来的な利用については引き続き検討を行う

大学によって対応は様々。

大きな影響が予想される共通テスト

50万枚にも上るといわれる国語の答案を見るのに、どれだけの人数の採点員が必要か、考えただけでも恐ろしい。採点力の「レベル」をそろえることにも無理がある

また、スケジュールに関しても↓

現行のセンター試験と同じスケジュールで共通テストを実施するとなると、実施後2週間で採点を完了させなければならない

50万枚の答案を2週間で処理するには、かなりの労力と人員が必要。

記述問題導入される共通テストって自己採点どうすんの

共通テストに記述追加~って聞くたびに毎回思うけど絶対採点ガバガバなるやろ

英語の民間試験は、民間試験を幼い頃から受講できる生徒が有利ではないか等の懸念が

中学くらいから何度も試験にチャレンジできる財力をもった、都市部に住む受験生が高い検定試験を何度も受けて、自分にあった検定を見つけて、最高の点数を大学に提出する。かくして、貧富の差がそのまま学力差となってしまう

ただ、やっぱり変な入試はダメだ。しかし、私のような頭も地位も末端の教員は、検定試験とのつきあい方は拒否するだけではなくて折り合いを付ける方法を考えておかなければいけない。しかし、民間試験の大学入試への流用は、絶対におかしい。一番嫌なのは、地方と中央で格差があること。金も距離も。

1 2