1. まとめトップ

子どもの低身長に悩んでいる人必見!確実に潰しておくべき7つのポイントとは?

自分の子供が他の子と比べて小さかったら悩みますよね?「成長障害なのでは?」と過敏になってしまう親もいます。神経質にならなくても大丈夫なことがほとんどですが、何かできることがないか模索したくなる気持ちはとてもよくわかります。そんなあなたにまとめました。どうぞお読みください。

更新日: 2019年02月10日

7 お気に入り 15207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自分の子供が他の子と比べて小さかったら悩みますよね?「成長障害なのでは?」と過敏になってしまう親もいます。神経質にならなくても大丈夫なことがほとんどですが、何かできることがないか模索したくなる気持ちはとてもよくわかります。そんなあなたにまとめました。どうぞお読みください。

tigermoniさん

子どもの成長に悩む親は多い!

小学生の保護者から寄せられる子どもの身体について、「なかなか身長が伸びないこと」との悩みがよく寄せられます。

子どもの成長に対する悩みは非常に多いです。低身長に該当しないのに悩んでいる親さえ見受けられます。

まずは本当に低身長なのかを正確に判断することが大切

同じ学年でも、早生まれの子と4月生まれの子は、標準値もかなり違います。

身長が本当に深刻なほど低いかどうかは同性、同年齢、同月齢の子供の統計的な標準値と比較しなければわかりません。

成長曲線を用いてみましょう。

成長曲線シートのグラフ上に、お子さんの身長、または体重の測定値を記載すると、身長と体重の成長度合いをひと目で見ることができます。

男の子用と女の子用があります。年齢(月齢)を用いて判断します。下のようなアプリもあります。

こういう状況でも注意しましょう。

(1)園や小学校で背の順に並んだときに1番前だったり、(2)2~3歳年下の子と同じ身長の場合には低身長を疑う必要があります。

(1)や(2)に該当する場合には何か疾患が隠れている可能性があり、一度、かかりつけの小児科医に相談してみることが大切です。

自分たちでできる低身長対策とは?

悩んでいても仕方ないので、できることから始めてみましょう。しかし、子どもに負担をかけすぎたり、神経質にならないように注意しましょう。

①やっぱり食事は超重要。食物から身体が作られていることを再認識する。

身長=カルシウムという考えが横行していますが、たんぱく質摂取量を増やして、偏りなく様々な栄養素を摂取することが大切です。

背が伸びるための栄養としては、タンパク質が重要ですので、食事の中のタンパク質の割合を多く摂るように心がけてください。

タンパク質を豊富に含む食品
・肉類(ささみ、鶏むね肉、豚ヒレ肉、生ハム、牛もも肉など)
・魚介類(かつお、いわし、さば、あじ、まぐろ、するめなど)
・大豆製品(油揚げ、きな粉、豆腐、納豆など)
・乳製品(チーズ、牛乳、ヨーグルトなど)
・卵

②夜更かししていませんか?質の高い睡眠を心がける。

睡眠は量と深さが重要で、この2つが揃わないと身長は伸びません。なぜなら、骨や骨を支える筋肉を作る成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、子どもの背が伸びる=骨が育つのは、寝ている時だからです。

小学生に上がるまでは10時間以上、低学年では10時間、高学年、中学生では9時間半程度の睡眠をとるのがすべきだと言われる。

成長ホルモンは体内の血糖値が高い時には分泌されないので、寝る前2時間以内の夜食は避けたほうがいい。

③ゲームばかりしていない?運動は大切です。

成長ホルモンは、少量ですが食事を食べた後や運動をした後にも分泌されると言います。

1 2