1. まとめトップ

今猛威を振るっているインフルエンザA型!!今年はすごい!!

今年のインフルAは流行が遅かったですよね!今、学校も学級閉鎖が続出してとてつもないことになっています!!筆者の子供達も絶賛インフル中・・・予防法なども含め、そんなインフルエンザA型についてまとめてみました!!

更新日: 2019年02月14日

1 お気に入り 5204 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

インフルA型、Bよりもつらすぎますよね・・・現在はどの位流行しているのでしょうか…2回かかる人もいるという噂・・・そんなインフルエンザ、なるべくならかからない方がいい!!そんな人にも、流行状況や予防方法なども検証していきましょう!!

rilostichiさん

インフルエンザとは??

インフルエンザにはABCと型がありますね!!皆さんはご存じですか??

【A型インフルエンザ】
A型インフルエンザウイルスは、他と比べ症状が激しい型です。
「インフルエンザ」と聞いて皆さんが想像するような、強烈な症状が出やすい型だと考えられています。通常一度インフルエンザにかかると、回復の過程でそのウィルスに対する免疫が体内に作られますが、A型は全世界的なインフルエンザの流行として話題になることが多く、ウイルスの形をどんどん変えて進化し続けるため、今までに獲得した免疫が機能しにくくなり、ワクチンの予測も立てにくいインフルエンザウイルスです。

・38℃を超える高熱
・肺炎を含む、深刻な呼吸器系の合併症
・ものを飲み込むのが困難なほどの、のどの痛み
・関節痛、筋肉痛
・脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがある

【B型インフルエンザ】
B型インフルエンザウイルスは、以前は数年単位で定期的に流行しておりましたが、近年は毎年流行しています。A型インフルエンザのように、大きな流行を起こすことはあまりないと考えられています。

・お腹の風邪の症状に近く、下痢やお腹の痛みを訴える人が多い
・人と人の間でしか感染しない

【C型インフルエンザ】
C型インフルエンザは、いったん免疫を獲得すると、終生その免疫が持続すると考えられています。再びかかったとしてもインフルエンザだとは気づかず、ふつうの風邪と思ってしまうかもしれません。

・ほとんどの大人が免疫を持っているため感染しにくい
・かかるのは4歳以下の幼児が多い
・感染してもインフルエンザとしてはかなり軽症で済むことが多い
・症状は鼻水くらい。ほかの症状はあらわれないことが多い

皆さんはどの型のインフルエンザにかかったことありますか??
筆者はAB同時感染経験者です・・・

インフルエンザと風邪の違いは??熱の高さだけ??

お医者さんは顔を見ただけでもインフルエンザと分かってしまいます。どういう違いがあるんでしょうか??

普通のかぜとはどう違うの?
普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11~12月頃に流行が始まり、1~3月にピークを迎えます。
かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。
これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。

全身症状が強く出て、動けないくらいになるのがインフルってことでしょうか・・・

インフルエンザABC、それぞれの違いは??検査以外でも区別はつくの??

それぞれの明らかな違いって何でしょうか??

A型とB型の違い
冬に猛威を振るうインフルエンザはA型とB型ですが、
これらの違いのうち分かりやすいのは時期や症状です。
A型とB型は同様に冬場に流行しますが、
時期はずれ込むため同時に感染することはほとんどありません。(ごくまれに同時に感染することもある)
多少時期は前後しますが、
毎年12月~1月がA型、2月~3月がB型のインフルエンザが流行します。
そして、A型は高熱+全身症状、B型は微熱や平熱(高熱の場合もある)+消化器系症状です。
症状はA型よりもB型のほうが軽めの場合が多いですが、
一方で長引きやすいというのも特徴です。

C型はほとんど心配いらないといった感じですね!!
B型はA型よりも症状が軽く、胃腸に症状が出るといった感じですね!!

インフルエンザの初期症状を見逃すな!!

少しでも症状の悪化を防ぎたい!軽く済ませたい!感染拡大を防ぎたい!と思っている方は要チェック!!

風邪と間違わないように、「38度を超える急激な発熱」、「強い倦怠感」、「寒気」などの症状があるときには、インフルエンザの可能性を考えてみましょう。検査で陽性だった場合、発症から48時間以内に適切な抗インフルエンザ薬を服用すると、早期に回復が見込まれます。

インフルエンザの初期症状をチェック!
インフルエンザを疑ったら、下記の症状があるかチェックしてみましょう。
□38度以上の急な発熱
□強い倦怠感
□節々の痛み
□筋肉痛
□全身の悪寒
□頭痛
□激しい咳
インフルエンザの特徴は、急激に38度を超える高熱が起こること、くしゃみや咳などの局所症状よりも、全身の痛み・だるさ・筋肉痛が強く症状に出ることがあげられます。

かかってしまった場合は??薬はどんな種類があるの??

昔はタミフルくらいしかお薬がなかったように思います。今ではたくさんの種類が出てきましたね!!どれが一番効くの?!

5種類のインフルエンザ治療薬
1.オセルタミビルリン酸塩(タミフル)
「タミフル」という商品名でお馴染みです。A型・B型両方のインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ効果があります。カプセル剤、小児では散剤による経口投与が一般的です。
症状が出始めたら48時間以内に服用するのが効果的です。逆に言うと、症状が出てから48時間を超えた患者が服用しても効果がほとんどありません。48時間を超えた患者に無駄な処方がされないよう注意が必要になります。

1 2 3