1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「マンガ大賞2019」ノミネートで話題!入江亜季の漫画まとめ

マンガ大賞2019に「北北西に曇と往け」がノミネートされた漫画家・入江亜季さんの漫画をまとめました。(乱と灰色の世界、北北西に曇と往け、群青学舎、コダマの谷 王立大学騒乱劇)

更新日: 2019年02月16日

29 お気に入り 11831 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『乱と灰色の世界』

10歳の女の子、漆間乱には秘密があった。彼女にはサイズが合わない、だぼだぼのシューズ。これを履くと、みるみる変身!グラマラスな美しいオンナへと成長できる。

乱と灰色の世界 少女漫画枠…でいいよね?これ。 絵が綺麗で話が面白い。ファンタジー描きさんだと話が世界の中に埋没しちゃう事が多いんだけど、現実の読者の近くに持ってこられる方です。 あとね、くびれは大事!とても大事!わかってらっしゃるよ…

乱と灰色の世界面白い。絵柄とか話の展開とかが凄く好きだこれ

乱と灰色の世界って漫画。可愛くてファンタジックで面白い

乱と灰色の世界が本当に面白いし世界観も好きだしツンデレも最高で読み返すたびに神に祈りを捧げそうになる

◎『北北西に曇と往け』

舞台はアイスランド島、北緯64度のランズ・エンド。17歳の主人公・御山慧には3つの秘密があった。ひとつ、クルマと話ができる。ふたつ、美人な女の子が苦手。3つ、その職業は、探偵――。

入江亜季さんの北北西に曇と往けの3巻買った 満足 ほんとに良き 入江亜季さんのはほんと外れがない。 ハルタからでるの完成度高いなぁ 絶対に書籍として欲しいっていうのに出会うけどコレはほんとソレだ( 語彙ww 何回読んでも面白い作品に出会える素晴らしさと嬉しさと尊さーーー pic.twitter.com/pZuxBkSV8R

『北北西に曇と往け①』読んだ。めちゃくちゃ面白いな。アイスランドが舞台というのも良い。入江亜季さんの新作最高だ。

やっぱ入江亜季最高だあ〜〜好き〜〜登場人物全員好きになる〜〜「北北西に曇と往け」めちゃ面白いですオススメ〜〜

入江亜季さんの新刊『北北西に曇と往け』1巻面白かった!! 主人公の能力が面白い。カッコいい生き方。2巻も楽しみ

◎『群青学舎』

世界や時代、思想、階級、文化を越えて、成長期の人々を描き連ねる瑞々しき掌篇連作集。

『群青学舎』 入江先生の読み切り短編集。短編集なのでどの巻から読んでも面白いですがやはり1からがおすすめ。ファンタジーあり現代ものありと幅広く、緻密な描き込みと滑らかな人物の線も相俟って兎に角画が美しいです。どれの話も皆方向性が違うのでほんと全部…全部面白いからみんな読んで…!! pic.twitter.com/pmKnwM6KHE

「群青学舎」パーフェクト!!の一言に尽きる。 話ヨシ!絵ヨシ!文句の付けどころが無い。まさにパーフェクト!! 短編ストーリーの作品集だが、どの作品も面白いし、泣けるし、ハッピーになれる。ハズレがない。この本に限らず入江亜季作品にハズレなしと思っている(゚ω゚) pic.twitter.com/VECNdZsPnn

群青学舎っていう短編の漫画がたくさん入ってる漫画が激オススメなんだけど、絵も綺麗だし話も綺麗で面白いしファンタジーが好きな人には最高な漫画だと思う

群青学舎/入江亜季 読了 傑作だった 短編集としては過去最高 どこから着想を得ているのか不思議なくらい設定に振れ幅があるのに全ての話が優しくて面白い 人がみんな生きている感じ 4巻で終わったのが勿体無い

◎『コダマの谷 王立大学騒乱劇』

緑深きコダマの谷の王立大学に、首席で入学した天才、ニール・ライダー。卒業すれば官吏として働く地位が保証されているこの学院で、ライダーは若き王子アーサーに出会う。

入江亜季さん「コダマの谷」を手に入れた。持ってなかった最後の1冊。面白い上に嬉しいサプライズ。群青日和に出てきたふたりの元ネタがあったとは!

今日の読書は入江亜季「コダマの谷 王立大学騒乱劇」。表紙絵に惹かれて何の前情報もなく買って4年積んであったんですが本編読んだら男三人だと思ってたうち二人が女子ということが判明し、愕然。でも今半分くらい読んだけど面白い

入江亜季先生の乱と灰色の物語は本当に面白いが、以前の連載の群青学舎の時点で完成度は恐ろしく高い。さらに言えばコダマの谷(デビュー前)も既に素晴らしい。入江作品の良さは雰囲気や世界観もさることながら、話の展開スピード感が凄い。速いのではなく、人間の呼吸の速度に近いと思う。

~関連まとめ~

1