1. まとめトップ

ビストロ(bistro, bistrot)

フランスではビストロ(bistro, bistrot)がこれに当たるが、現在ではビストロと呼ばれる店でも高級料理店ならずともある一定の格式や雰囲気を持つ店も多く、ビストロという言葉が即大衆食堂に当たるとは限らない。 ビストロの語源はロシア語の方言出典大衆食堂 - Wikipedia

更新日: 2019年02月25日

0 お気に入り 62 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

フランスではビストロ(bistro, bistrot)がこれに当たるが、現在ではビストロと呼ばれる店でも高級料理店ならずともある一定の格式や雰囲気を持つ店も多く、ビストロという言葉が即大衆食堂に当たるとは限らない。 日本に於いてはフランス料理店が自らの店に『ビストロ』の名を付与していることが多い。ビストロの語源はロシア語の方言であり、1814年にナポレオン戦争でパリが陥落した際、駐屯してきたロシア兵がカフェで酒を「早く(ビストロ)出せ」と言ったことが語源とされる[1]。

ちょっとオシャレな響きである「ビストロ」は、 日本でも馴染みのあるワードですね。フランス語で「小さな料理店」を意味しており、レストランという大きなくくりのイメージよりも一品料理をワイン片手に楽しめる小料理屋さんというイメージです。非常にカジュアルな雰囲気でレストランよりも居酒屋に近いタイプです。

小さなカフェ、小レストランを指し、「定食屋」「居酒屋」などと訳される。元々はワインを提供するバーを意味した。19世紀後半にパリに登場したことば。ロシア語の「速く(料理を出せ)」が由来というのは俗説。語源は不明だ。

おすすめ記事

1