1. まとめトップ

ブラッスリー・ブラッセリー(brasserie)

フランスにおける飲食店の業態、種別で、本来の意味ではビアホールのように酒と食事を提供する店をさす[2]。1870年からの普仏戦争を契機にアルザス=ロレーヌ地方からパリに移住した人々が始めた、ザワークラウトとビールを提供する店がその起源出典ブラッスリー - Wikipedia

更新日: 2019年02月25日

0 お気に入り 69 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ブラッスリー(仏: brasserie)とはフランスにおける飲食店の業態、種別で、本来の意味ではビアホールのように酒と食事を提供する店をさす[2]。1870年からの普仏戦争を契機にアルザス=ロレーヌ地方からパリに移住した人々が始めた、ザワークラウトとビールを提供する店がその起源であり[2]、もともとはパリ在住のドイツ人向けであった[3]。第一次大戦までは、文人や政治家など知識層が集って議論をする場といった、フランス革命期におけるカフェと同じ役割も果たした[2]。

もともとビール製造所という意味。
ビールなどの酒類が飲める大衆居酒屋的な店と言ったところ。アルコールに合う料理などを取り揃えているので、軽い食事とアルコールを楽しみたい時にはおススメです。ドレスコード:特になし。気軽な服装でOK。
子供の年齢制限:ほぼ無いと思ってよい。

〔ビール醸造工場、また、ビアホールの意〕
居酒屋とレストランを合わせたような大型の店。ブラッセリー。

おすすめ記事

1