1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

まず注意したいのが風向

冷気は下に、暖気は上にたまる傾向があるので、部屋の空気を上手く循環させないと「いつまで経っても足元が寒い」状態が続いてしまいます。

エアコンの風向きを一番下に向けましょう。暖気は自然と天井に向かって上がっていくため、素早く、効率的に部屋を暖めることができます。

エアコンの風向を「自動」から「一番下」に変えただけで、だいぶ体感温度が改善された…!

また、意外なのが・・・

環境省は、冬の暖房時の室温の目安を20℃に推奨しています。

環境省によると、エアコン暖房の設定温度を1℃低くすると、約10%の消費電力の削減になるとされています。

サーキュレーターや扇風機を併用して空気を循環させたり、断熱シートなどで窓を断熱して外からの冷気を遮断することで、暖かく快適に過ごしていくことが可能になります。

環境やエアコンの種類などにもよりますが、2~3度ほどは温度設定を下げても同じくらいの温度に感じられることが多いようです。

サーキュレーターを使うとエアコンが格段に効くようになって、温度計が18度に達してなくても暖かく感じるな、

寒い月末日。サーキュレータonでエアコン入れてるので20℃設定でもそこそこ暖かい。昨シーズンもこうすれば良かった…気付くのいつも遅い

地味に気をつけたいのが風量

寒い時期は高めの温度設定にして部屋が暑く感じたら設定温度を変えるのではなく、風量を弱などにして弱めてしまいがちです。

エアコンを使うときは、初めから弱運転で運転するよりも、自動運転で一気に室温を設定温度にしてしまったほうが電気代がかからない

いちばん電気代が抑えられる効率が良い運転を行ってくれるため、いちばん電気代をかけない効率的な運転方法

さらに重要なのが・・・

加湿をしながら暖房をすると、より暖かく感じられるので、加湿をしないで暖房したときより低い設定温度でも快適になります

乾燥していると皮膚から水分が蒸発して気化熱を奪い、体温が低下します。逆に湿度を上げれば、水分の蒸発がおさえられるので暖かく感じるのです。

部屋の湿度を上げると、体感温度が上がるので、エアコンの設定温度が相対的に低くなり、電気代の節約になる!

最近加湿器買ったんだけど、湿度上げるだけで体感温度全然違うわ

ちなみに・・・

一般に室内の気温が1度下がっても、湿度がおよそ15%上がれば体感温度は変わらないといわれます。

つまり暖かく感じたければ、室内の湿度を高めに保てばよいというわけなのです。

1 2