1. まとめトップ

採用率・年収アップ!転職に重要な職務経歴書の書き方まとめ

このまとめでは、転職に重要な職務経歴書の書き方をまとました。このまとめを作成していて職務経歴書の書き方によっては採用率だけではなく年収も変わってくることが分かりました。

更新日: 2019年01月31日

5 お気に入り 807 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずは、職務内容をまとめてみる

職歴は、企業名より、そこで何をしたかということが大切です。転職回数が多い職歴の書き方として、履歴書とは別に職務経歴書を作り、時系列で会社名を記載するのではなく、職務内容を最初にまとめてみてはいかがでしょう。

職務経歴書はパソコンでも良い?

履歴書は基本手書きですが、職務経歴書はパソコンで作成しても大丈夫です。

職務経歴書のポイントは?

職務経歴書には、履歴書で記入した職歴に関する、さらに詳しい説明を記入することになります。

【職務経歴書】 職務経歴書はできるだけ具体的に、そして簡潔に書きましょう。誰が見てもわかる、がポイントです!

職務経歴書のポイントは具体的に何をやってきたのかを書くことです。成果などは数字を使って(定量的に)分かりやすく示すと良いでしょう。数字で表せない場合(定性的な成果)は、魅力的な実績に思えるように書き方を工夫しましょう。

実際に教わった職務経歴書の書き方、こうやって視線移動をスムーズにしないと、こっちが何をアピールしても面接官の頭の中に入って行かないよって教わりました。 pic.twitter.com/LCYkAslzLh

職務経歴書書いてる…自分が考えを字にしてだれかに伝える練習全然して無いからめっちゃ苦労してる('ω') pic.twitter.com/ExaGHJHEBD

◆履歴書・職務経歴書アドバイス ・お写真  →髪型や服装がNGの際には   撮り直しをお勧めします。 ・想いやエピソード  →入っていないと   正直誰でも良い内容です。 ・読みやすさと見やすさ  →文字の大きさ、行間、   段落等で調整する事 実績や経験は土台があって 輝くと思います。

職務経歴書に盛り込めば良い5つの項目とは?

履歴書は「いつ・どこで」を書き。職務経歴書では「何を・どのように」を書きます。履歴書はまだしも、職務経歴書の書き方は不慣れかもしれませんが、難しいことはありません。職務経歴書には5つの項目を盛り込めば良いのです。

職務経歴書の自己PRは採用する企業や担当者のことを想って書くこと!

職務経歴書の自己PRは、自分の得意分野をPRする欄ではなくて、 自分を採用したら企業にどんなメリットがあるのかをPRする欄なのです。 書類選考の合否が変わるだけじゃなくて、ここの書き方次第で面接の内容が変わるから、年収100万くらい変わることもあり得る。

資格を多く持っている場合は?

資格を多く持っている場合、職種に見合ったモノを選んで挙げる。

この書き方はマネしちゃダメ!

自分本位の書き方。私は●●がしたいから、採用して欲しい的な・・・

退職理由を細かく書く必要はあるの?

職務経歴書の退職理由ってマジで書くこと思いつかねぇ

職務経歴書の退職理由については注意が必要です。書き方を間違えると大きくマイナス評価を与えかねないからです。例えば「人間関係」「労働環境の不満」などで退職した場合、そのまま書くと「何かトラブルで辞めたのでは?対人スキルは大丈夫か?」など悪い印象を与えてしまうのです。

人事担当者は、良い人材を採用したいからこそ退職理由を気にするのですが、結論から言えば、職務経歴書に退職理由を細かく書く必要はありません。基本的には「一身上の都合により退職」か「会社都合により退職」のどちらかで構いません。

他の方は具体的にどんなことを書いているの?

ごめんなさい モザイク処理するのを忘れて上げてしまったため、再アップ! 自己PRは職務経歴書用・現状と詳細と障害での配慮はオープン用の履歴書に書くもの。 何とか亀の歩みだけどアドバイスもあり修正しながらここまで出来た!(まど途中だけど) まだまだ先が長い。 pic.twitter.com/E7yKt5a8dR

ハローワークで添削、確認してもらうことができる

明日はハローワークで履歴書&職務経歴書の添削。求人探して応募するつもり。明後日は3月就業開始の派遣の登録会。緊張する。

1