1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

Face My Fearsが快挙…注目されまくっている日本のゲーム音楽

注目されまくっている日本のゲーム音楽。良き日本の姿がそこにある。

更新日: 2019年01月31日

6 お気に入り 11859 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・Face My Fearsが快挙を成し遂げた

・Face My Fearsはキングダムハーツ最新作の主題歌

「Face My Fears」は、『キングダム ハーツIII』のオープニングテーマ曲。宇多田ヒカル氏とエレクトロミュージシャンSkrillex氏のコラボレーションにより作られた新曲

実はSkrillex氏は子供の頃から『キングダムハーツ』の大ファンであり、 The Vergeのインタビューにて、Skrillex氏はその想いを語っている。氏は『キングダムハーツ』のファンであり、いつか同作のテーマソングを作りたいと思っていたという。

「Spotify」では,「KINGDOM HEARTS III」のオープニングテーマ“Face My Fears”の配信や,宇多田ヒカルさんによる「KINGDOM HEARTS」の歴代テーマ曲を視聴できるプレイリストの公開が行われた。

PCやスマートフォンのほか,PS4の“PlayStation Music”でも楽しむことが可能

・Face My Fearsの評判は?

「KINGDOM HEARTS III」のOP 宇多田ヒカルとSkrillexのコラボ曲“Face My Fears”が良すぎて震えてる。 今回のキングダムハーツ3はアナ雪、トイ・ストーリー、ベイマックスが登場するのでプレイするのが待ち遠しい。発売はよはよ!!! pic.twitter.com/ewV0konyyV

いよいよ #本日発売!#キングダムハーツ3 の #新聞広告 が本日の #読売新聞  朝刊に掲載! #ディズニー の世界で冒険だ! #宇多田ヒカル さんが歌うテーマソング #FaceMyFears も必聴です #_KH #KH3 #夢しかない pic.twitter.com/3BNs9puLkM

宇多田さんのこの曲カッコいい。 スクリレックスのドロップの発想凄すぎて 。 MIXも素晴らし過ぎて。 全てが最高だ… open.spotify.com/track/5DUJ8q3t…

・注目される日本のゲーム音楽

JAPAN Game Music Festivalのスピンオフも開催された

ゲームミュージックライブイベント「JAPAN Game Music Festival」のスピンオフとして企画されたライブイベント「FACE to FACE Vol.1」の1月19日、日本橋三井ホールで開催された。

「JAPAN Game Music Festival(以下、JGMF)」は、ライブハウスでの“生音”の良さを活かし、新たなゲームミュージックとの出会いや、ゲームミュージックをさらに好きになってもらうことを目的とした祭典であり、2013年6月に第1回、2018年1月に第2回が開催され、名だたるゲームミュージックアーティスト達が顔を揃えた。

本ライブでは,「サガ」シリーズや「パズル&ドラゴンズ」などの楽曲を手がける“イトケン”こと伊藤賢治氏と,「グランブルーファンタジー」などの楽曲を手がける成田 勤氏の率いるバンド・Stella Magnaが,対バン形式で演奏を披露

アンコール終了後には,伊藤氏と成田氏が来場した観客に感謝を述べるとともに,「今後もFACE to FACEを続けていきたい」とコメント。そして観客の鳴り止まない拍手とともに,ライブは幕となった。

・ゲーム音楽の巨匠「植松伸夫」の活動休止は海外でも話題に

「ファイナルファンタジー」シリーズなど数々のゲーム音楽を手掛ける作曲家の植松伸夫さんが9月20日、体調不良のため、今後の活動を休業することをブログで発表

功績を振り返ってみると、フェイ・ウォンに楽曲提供した『ファイナルファンタジー VIII』のテーマ曲「Eyes On Me」で、1999年度の「第14回日本ゴールドディスク大賞」においてゲーム音楽としては初の快挙となる“ソング・オブ・ザ・イヤー(洋楽部門)”を受賞。

2001年5月にはアメリカ『Time』誌の“Time 100: The Next Wave – Music”にて、音楽における“革新者”の一人として紹介され、2007年7月には『Newsweek』誌にて、“世界が尊敬する日本人100人”の一人にも選出。

1 2