1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ワクワクが止まらない!Twitterで見かけた『SF漫画の王道7選』

SF漫画好きにオススメの作品です。(彼方のアストラ、サザンと彗星の少女、シドニアの騎士、人形の国、攻殻機動隊、無限大の日々、猫村博士の宇宙旅行)

更新日: 2019年02月07日

6 お気に入り 2388 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『彼方のアストラ』 篠原健太

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ"に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!?

彼方のアストラ、王道SFコメディでめちゃめちゃ面白くて伏線回収が綺麗で且つ5巻という集めやすすぎる巻数のめちゃめちゃ面白いマンガなのでぜひ

いやー彼方のアストラ、一気に読み終わりましたがめちゃくちゃいいのかよ…!コメディSFとして普通に面白く読んでたら、叙述トリック、明かされる世界の真実、かつ王道感のあるベタなビルドゥングスロマン。漫画としても、特に最後の方とか、見開きの使い方がめっちゃかっこいい。

「彼方のアストラ」一気読みしてしまった…。見事に色んな伏線を回収していてミステリーとしても読めるし、SFとして読んでも楽しい。そしてなにより主人公たちの成長と常に前を向くというポジティブさは王道少年漫画…!そしてそれをすべてテンポの良いギャグでまとめるのすごい!もう一回読み直そ。

◎『サザンと彗星の少女』  赤瀬由里子

他惑星へ出稼ぎに出ている地球の青年サザンは、ある夜、赤い髪の少女・ミーナと出会う。彼女は体内に強大な力を秘めており、そのエネルギーを狙って腕自慢の盗賊たちが次々と襲ってくるという。

いま一番アニメ映画化してほしい漫画。フルカラーアナログ作画もすごいし、この作品が2018年に新しく生まれて、王道SFなのにフィクションに感じない台詞が入るのがとても良い。Webで読めるのは途中までだけれど、最後までぜひ読んでほしい…。 サザンと彗星の少女 to-ti.in/product/sazan pic.twitter.com/YiBmditYvE

『サザンと彗星の少女』 全2巻 体内に凄まじいエネルギーを秘めた少女と地球人の青年の話 フルカラーってこともあり映画を一本見てる感じだった ちょっとジブリっぽい? 古き良き王道SFボーイミーツガールで大満足 特にピクニック盗賊団が好きだった 名前呼んで認める演出とかベタだけど大変良き pic.twitter.com/oDLxMikWJ1

『サザンと彗星の少女』、「夢と浪漫の王道SF」「愛と冒険のSF巨編」、上下巻の帯に書かれたそれらの惹句が簡潔にしてとびっきりにはまってる、まごうことなき名作漫画だった✨全小学校の学級文庫に配備して欲しい! pic.twitter.com/GXYwvj4Osu

◎『シドニアの騎士』 弐瓶勉

人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する、巨大なる播種船・シドニア。シドニアの最下層で育った谷風長道は、衛人と呼ばれる大型兵器の訓練生となり、歴史的名機・継衛への搭乗を許される。

私は #シドニアの騎士 を声高らかにオススメしたい SFが好きな人は是非読んで頂きたい!! 美しい人間関係に激しい戦闘描写に圧倒的科学力!!! まさに王道SFです!!!!

王道SFが好きならぜひともシドニアの騎士をオススメいたしまする。

「シドニアの騎士」既刊14巻読了、いやこれはアニメとは違った風味で実に面白い。シリアスで重い設定に挟んだ笑いやラブコメ要素、人外も交えたハーレム展開にSFとどこか既視感があると思ったら、かなり「エルフェンリート」に被る所が。これは是非とも宇宙物理学者の金髪先生にもお勧め(^ ^;

◎『人形の国』 弐瓶勉

遺跡層におおわれた巨大人工天体。危険な「自動機械」や「人形病」に侵された者たちが彷徨う極寒の地表で暮らすエオ達は、強大なリベドア帝国の兵士に追われる不思議な少女を助ける。

弐瓶勉さんの「人形の国」1巻を読んで、これだよなぁ、という気持ち。 アバラのような変身キャラ同士の超戦闘、相変わらずの超スケールパイプ菅(パイプのような生き物も)、作者の性癖が垣間見えるネタ、分かりやすく、そして壮大なストーリー、今読むべき王道SFアクション。 最高。

BLAME、シドニアの弐瓶先生の新作『人形の国』、超面白かった。濃厚な世界観のSFでありながら、ストーリーはシンプルかつ王道でRPGっぽい感じ。そして今回は変身ヒーローモノ。毎度恒例、超独特だけど謎の魅力溢れるヒロイン。最高ですな。 pic.twitter.com/WwbnGSJzQT

人形の国やっぱ面白いなぁ 二瓶さんの戦闘描写独特で良い・・

◎『攻殻機動隊』 士郎正宗

西暦2029年。膨大な情報が世界を駆け巡っている超高度情報化社会。しかし国家や民族、そして犯罪は依然として存在していた。より複雑化していく犯罪に対抗すべく結成された『攻殻機動隊』

攻殻機動隊面白かった!SFの王道って感じで満足!

攻殻機動隊の原作コミック読み応えありすぎる!余白にある作者の視点がひじょーに面白い

攻殻機動隊1、2巻読了。アニメと全くストーリーが違いますが1巻には見たことあるシーンが散在しており面白い。2巻はひたすら電脳戦で理解が追いつかなかった…再読せねば。漫画版の少佐はクールビューティーなアニメ版より茶目っ気があって可愛いナ pic.twitter.com/zKv3ro3OWI

1 2