1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【速報】フランス移籍は無し、香川真司の移籍先が決定!!!

ついに香川真司の移籍先が決まった!!!

更新日: 2019年02月03日

5 お気に入り 10268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

トルコへの移籍が決定!!

サッカーの元日本代表MF香川真司(29)がドイツ1部リーグのドルトムントからトルコ1部リーグのベシクタシュに今季終了までの期限付きで移籍することが1月31日、両クラブから発表された。香川は同日、イスタンブール入りして身体検査を済ませた。

トルコの名門クラブに加入!!

トルコに到着した香川真司

ドイツのボルシア・ドルトムントに所属する香川真司は、トルコのベシクタシュへの移籍決定に迫りつつあるようだ。31日にイスタンブールに到着した様子が報じられている。

 今季のドルトムントで出場機会を得られず、移籍の可能性を模索していた香川。その移籍先は、長友佑都の所属するガラタサライやフェネルバフチェと並んでトルコの3大クラブの一角であるベシクタシュとなりそうだ。

長友との対戦が楽しみ。。

映像

ベシクタシュは不調

スュペル・リグ第19節消化時点で6位につける同クラブで少なくとも今シーズンいっぱいプレーすることになる。

苦しんでるチームの救世主になれるか

監督が熱望

ベシクタシュは、かねてギュネシュ監督が獲得を熱望。香川がW杯で日本を16強に導いた昨夏も正式オファーが届いたが、断っていた。ところがW杯後、まさかの構想外に。リーグ戦2試合、欧州CL1試合、ドイツ杯1試合しか出番がない不遇に陥った一方、チームはドイツで首位を走っており、チャンスがない。その逆境下、この冬に再びベシクタシュからの申し出を受け、期限まで選択肢を精査した上で承諾に至った。

熱望されての加入なら期待できる!!

トルコ紙によると···

トルコ最大の大衆紙である同紙は、30日に「ベジクタシュとドルトムントがカガワを巡って、買い取りオプション付きの期限付き移籍で合意した」と報道。そのレポート記事内では、「契約は今年6月まで。レンタルフィーが110万ユーロ(約1億4300万円)で、買い取り額は160万ユーロ(約2億800万円)になる」と具体的な情報も明らかにされている。

ベジクタシュは安い金額で獲得···

トルコ移籍は困難!?

兄貴分が熱いメッセージ

移籍決断理由

日本代表MF香川真司は、ドルトムントからベジクタシュへシーズン終了まで期限付き移籍した。早速練習にも合流した香川はクラブ公式TVのインタビューで、「自分に対する信頼を感じた」と移籍の理由を明かした。

本拠地イスタンブールに到着するなり、大挙したサポーターの歓迎を受けた香川は「温かい迎え入れをしてくれて、非常にいい一日のスタートを切れた」と移籍初日から好感触を得ている。

ドイツ移籍もありえた・・・

原口、浅野が在籍しているクラブ

MF香川真司は、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーに移籍する可能性もあるようだ。ハノーファーのマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏が1月31日の試合前会見でクラブ間合意を明言。トルコ移籍間近と見られていたが、交渉次第ではハノーファー入りも出てきた。

ヘルト氏によれば、前日30日の夜に移籍の案が浮上したようだ。「交渉は昨日の晩から今日の午前にまで及んだ。我々は、ドルトムントとシンジ・カガワに関する交渉で合意に達した」と明言。「だが、彼がベシクタシュに行く可能性もある。全ては選手次第だ」と続け、香川からの同意を得ていないことも明かした。

モナコ移籍は消滅

今シーズンは苦しんでるフランスの名門クラブ

モナコへの移籍が噂されていたドルトムントのMF香川真司(29)の移籍はなくなったようだ。『レキップ』によると、モナコが元U-21フランス代表MFのジョルジュ・ケビン・エンクドゥ(23)を獲得したことで、移籍話は破談となったという。

 香川の去就については、30日になってドイツやフランスの複数メディアがモナコ入りを報道。『レキップ』も「水曜日には決定寸前のところまでいっていた」と事実を認めている。しかしトッテナムから23歳MFのレンタル移籍が決定したことで状況が一変。香川の獲得が寸前で見送られることになったという。

モナコでプレーしている姿を観たかった。。

ドルトムントSDも交渉を認める。。

ツォルクSDは、「今日のトレーニングにシンジカガワがいないことに、みなさんも気づいただろう。今日、(移籍の)契約を締結するための話し合いの席に着くため、オフを取りチームを離れた。だが、まだその確定した結果を話すことはできない」と明かした。

ドルトムント側が交渉を認める

スペイン移籍希望だったが・・・

1 2