1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

高学歴ニートが昨今増えている事が社会問題になっている…しかし一筋の光明もあった!!

昨今高学歴ニートが増えています。意外なことに、女性の高学歴ニートも増えているようで、永久就職が減ったというのも遠因になっているのは厄介かもしれません。しかし一筋の光明もあって、転職35歳の壁が崩壊しつつあります。ですから、能力を生かして才能を生かせば、きっと問題解決ができるはずです!!

更新日: 2019年02月01日

22 お気に入り 39280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

高学歴ニートとは?

高学歴ニートとは、学歴が高いのに就職をしていない、また就職活動をしていない、いわゆるニート生活を送っている人のことをいいます。

ニートは引きこもりや社会不適合者と言うイメージが根強いですが、今のニートと呼ばれる若者は様相が違ってきています。

それは有名大学を卒業したにもかかわらず、ニートになる高学歴な若者が増加しているのです。

「なんで○○大学なのにうち程度の会社に?」と言って採用されないこともあるようです。

多くの経験者が語るには「精神的に病んでいってしまう」と言うことが多いようです。

社会生活を避けてニートになっていったとしても、ホッとできるのは初めだけで、長く引きこもっていると、次第に「このままでいいのか?」と言う不安が頭をもたげ、やがてはその不安に心を蝕まれていってしまうようです。

だからこそ早めの対応が必要です。

大手企業ばかり狙っている人が高齢ニートになってしまうと中小企業の就職すら危うくなってきます。そうなるとアルバイトやパートが就職し易い働き方になってしまいます。

増えて社会問題になっている

2013年、40歳以上の非労働者(家事・通学は除く)は、なんと44万人もいるそうで、2008年の33万人から一気に増加(労働省調べ)、働かない子を持つ親を対象としたセミナーには、年間700人もの親が殺到しているという。

半数近くが女性で多くが高学歴ニートとか洒落になりません。

意外にも割合が多い女性の高学歴ニートでしたが、そんな女性たちの結婚についてはどうなのでしょうか。

結婚を前提に専業主婦となり、家庭を支えていくという人はもちろん結婚できますが、後者になると、出会いの場がほかの女性よりも狭まってしまうため、結婚できる確率が低くなってしまうというのが現状でしょう。

永久就職なら問題ないのですが、それすらないとなれば、本当に由々しき事態です。

ニートをしていると家庭崩壊のリスクやうつ病や生活習慣病の健康上のリスクも高まり、いいことはひとつもありません。

働くという行為には、生きる手段としてだけでなく人生の幸せの意味を見つけるための手段でもあります。

ニートの中には「働いたら負け!」とニートにプライドを持ってかたくなにニート生活を続けようとしている人がいますが、ニートは確かに自由も時間もあってメリットが多いように思いますが実はデメリットの方がたくさんあることを理解しておきましょう。

ある程度年齢が行くと、あきらめているのも実情です。それは35歳の壁があったからです。しかしそれは最近崩れつつあります。

しかし一筋の光明が…なんと転職年齢の壁35歳を破ろうとしている

長く人材の流動化を阻んできた「35歳の壁」。35歳を超えると一気に企業からの求人が減り、40歳を超えると転職はほとんど無理、というのが転職市場の常識だったが、その常識に変化の兆しが見え始めている。

今年2月に発表された総務省の労働力調査によれば、転職者の数は300万人の大台を突破。とりわけ目立つのは、ミドル世代の増え幅だ。45~54歳の転職者は、この5年で40万人から50万人へと大幅に増えた。

大企業の大多数は今も60歳定年制を維持し、雇用義務のある65歳までは契約、嘱託などの身分で再雇用している所が多いが、定年を機に転職に踏み切る高齢社員も増えていることがうかがわれる。

つまり技術や長所を生かせば、高学歴ニート脱却は可能なのです。

アルバイトやパートから正社員を目指すことが容易なのも高学歴ならではの特徴なので、今就職を諦めている人は、プライドを捨てできる仕事から始めると良いでしょう。

せっかく社会復帰を果たしたのに退職してしまい、再びニート生活に逆戻り…ということにならないように就職・転職支援を受けて社会復帰することが大切です。

なにより入社後のサポートが充実しているエージェントも多く安心して社会復帰の第一歩を目指すことができるでしょう。

様々な声が

高学歴ニートはそいつも悪いけど、そもそもそんな状態のやつにヘコヘコして、金や家を与え続ける親がクソすぎる。ずっと子供のワガママを通させたクソ親だから、クソガキが育つ。だから親のことも育てなきゃいけない #高学歴ニート #東大

なぜ世の社会人は「学生時代にもっと勉強しておけば良かった」と嘆くのか。それは生存者バイアスである。学生時代に勉強ばっかりしていた人は、ほぼ確実に高学歴ニートになっており、まともな社会人になれないからだ。

1 2