長く人材の流動化を阻んできた「35歳の壁」。35歳を超えると一気に企業からの求人が減り、40歳を超えると転職はほとんど無理、というのが転職市場の常識だったが、その常識に変化の兆しが見え始めている。

出典「40歳を超えたら転職はほとんどムリ」は、もはや非常識だ(田邉 裕也) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高学歴ニートが昨今増えている事が社会問題になっている…しかし一筋の光明もあった!!

昨今高学歴ニートが増えています。意外なことに、女性の高学歴ニートも増えているようで、永久就職が減ったというのも遠因になっているのは厄介かもしれません。しかし一筋の光明もあって、転職35歳の壁が崩壊しつつあります。ですから、能力を生かして才能を生かせば、きっと問題解決ができるはずです!!

このまとめを見る