大企業の大多数は今も60歳定年制を維持し、雇用義務のある65歳までは契約、嘱託などの身分で再雇用している所が多いが、定年を機に転職に踏み切る高齢社員も増えていることがうかがわれる。

出典スペシャルコンテンツ:人手不足を反映、「35歳の壁」崩れ | アドバンスニュース

つまり技術や長所を生かせば、高学歴ニート脱却は可能なのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高学歴ニートが昨今増えている事が社会問題になっている…しかし一筋の光明もあった!!

昨今高学歴ニートが増えています。意外なことに、女性の高学歴ニートも増えているようで、永久就職が減ったというのも遠因になっているのは厄介かもしれません。しかし一筋の光明もあって、転職35歳の壁が崩壊しつつあります。ですから、能力を生かして才能を生かせば、きっと問題解決ができるはずです!!

このまとめを見る