1. まとめトップ

【遊戯王ストーリー】青眼の白龍の誕生物語

遊戯王に登場する青眼の白龍のイラストストーリーをまとめました。ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン

更新日: 2019年02月02日

4 お気に入り 27793 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

①青眼の白龍の生い立ち
②青眼を祭りし者たち
②青眼の7変化

①青眼の白龍の生い立ち

青眼の白龍

海馬瀬戸がこよなく愛するエースモンスターである青眼の白龍。

銀龍の咆哮

強靭!無敵!最強!

「強靭!無敵!最強!」等、海馬瀬戸に心から称えられる絶対的エースである。

ビンゴマシーンGO!GO!

そのためか原作・アニメでは海馬瀬戸の周りには青眼をモチーフにしたと思われるビンゴマシンやジェット機などが多数確認できる。

闇の支配者ゾーク

そんな青眼の白龍の誕生は古代エジプトに遡る。

古代エジプトでは、自身に魔物(カー)を宿す人間の存在が多数確認されていた。

当時、エジプトでは世界を漆黒の闇に染め上げる目論見を企んでいたゾークが、己の力を覚醒させるべく暗躍していた。

ディアバウンド・カーネル

倒した相手の能力を得る強力なカーを従えていたゾークを前に、ファラオとその神官たちは苦戦を強いられてしまう。

海馬の前世であり、神官の一人であるセトは、ゾークに対抗し得る強大な力ーを内に宿した民を見つけるべく、街に繰り出しっていった。

青き眼の乙女

そんな中、街中では白い肌と青い瞳が特徴的なキサラが、周りとあまりにも異なった風貌のために民衆から迫害を受けていた。

石を投げられ、罵声を浴びせられ、ボロボロになっていくキサラ…。

そんな彼女の姿が目に留まったセト一行は、千年アイテムの力によって彼女の中に計り知れないほどのカーが宿っていることを察知する。

すぐさまセトはキサラを保護し、王宮に連れ帰る。

白き霊龍

そのカーの正体は、神をも超える力を持つ白き龍。

紛れもない青眼の白龍そのものであった。

所持者となるにはキサラを殺さなければならず、当初は国を守るための犠牲としてその予定でいた筈のセトであったが、心の闇を増幅させられたアクナディンの変貌によってその行為に疑問を持ち始める事となる。

自身の息子であるセトをファラオにするための布石としてアクナディンに、キサラはその命を奪われる。

頑なにファラオになることを拒否するセトに愛層をつかしたアクナディンは、己自身で息子セトをファラオにすべく、セトに乗り移る。

青き眼の威光

しかしながら、セトの中に取り込まれた青眼の白龍によってアクナディンは消滅。

その後、正式にキサラの意思を引き継いだセトのカーとなる。

②青眼を祭りし者たち

光の霊堂

一方、古代エジプト以外でも青眼の白龍を称え祀る人たちの存在が確認されている。

青き眼の祭司

青き眼の賢士

青き眼の護人

1 2